世界遺産ひだ白川郷

風景
03 /02 2017
KC4F0590.jpg

飛騨に来たなら此処は外せない、世界遺産に登録されている白川郷。

雪化粧をしたこの集落はなんとも風情があっていいね。これもまぎれもない日本の原風景のひとつである。





KC4F0591.jpg


KC4F0592.jpg


KC4F0594_20170302182841e8f.jpg


KC4F0596_20170302182842c1a.jpg


KC4F0598.jpg


KC4F0601_201703021829022b7.jpg


KC4F0602_20170302182903bec.jpg


KC4F0606.jpg

学生時代の友人のひとりに、この白川郷の出身の人がいたんだけど、その人から聞いた話の中に、『岐阜市内の全寮制の高校生だった頃に、冬休みに実家(白川郷)に帰る際、凄まじい豪雪で交通機関が麻痺することが多々あって、そんな時は自衛隊がヘリコプターで白川郷まで送ってくれるのだ。』と言っていたのを思い出した。この話、ホントなのかねえwww





関係ない話だが、四国松山には「城川郷」という銘酒があるのだが、これは「しろかわごう」と読む。なので愛媛県人は「しろかわ」と言い慣れているため、白川郷(しらかわごう)を時々読み間違えて「しろかわごう」と言ってしまうことがあるが、まあそんな理由なので目くじら立てず暖かい目でみてやって下され。

って俺だけかもしれないがwww










KC4F0609.jpg

白川郷観光協会 http://www.shirakawa-go.gr.jp/top/










靖国神社

風景
01 /24 2017
KC4F0384.jpg

ようやく・・・行きたかった靖国神社へ参ることができた。





KC4F0386.jpg

日本武道館を左手に見、九段下から市ヶ谷へ向かって靖国通りを登って行くと大きな第一鳥居が出迎えてくれる。その大きさに少し圧倒された。





KC4F0387_20170124164420d2c.jpg

東京のど真ん中。大鳥居もそうだが、敷地も想像していたよりも大きくてちょっとびっくり。





KC4F0388_20170124164421e27.jpg

歩き進むと少し開けたところへ到達。





KC4F0389_20170124164423777.jpg

大村益次郎の銅像がお出迎え。この人は明治維新を結実させた功績者の一人で、国防の先見性などが認められ、後に帝国陸軍の大恩人となる人物。1893年に日本最初の西洋式銅像として立てられたそうだ。





KC4F0391_201701241644486a3.jpg

さらに進むと、第二鳥居が見えてくる。こちらは第一鳥居比べると少し小ぶり。





KC4F0393_201701241644507e2.jpg

目の前に神門が。この門には直径1.5メートルの菊花の紋章が取り付けられていて、この先の厳粛な空気感を知らせてくるようだ。少し背筋が伸びるね。





KC4F0395_201701241644513df.jpg

神門を越えると中門鳥居が見えてくる。その先はいよいよ拝殿。





KC4F0396_201701241644535d0.jpg

存在感のある厳かなる佇まいである。この拝殿は真正面からの撮影は不可となっている。真正面から撮影してて警備員の方に注意されている人が実際居た。写真を撮る時は正面をはずせば問題ないそうである。

そして参拝。





KC4F0397.jpg

参拝を済ませたら遊就館へ。





KC4F0400_201701241645216fb.jpg

此処は靖国神社の祭神ゆかりの資料を集めた宝物館。その展示物の多さは想像をはるかに超えるものだった。全部観ようとすると1日では難しいくらいの量。実際時間がなくなり、残念ながら全部観ることは出来なかった。悔しい限りだが、観きれなかったということは、此処はまた来るべき場所だという事なんだろうと受け止めておいた。





KC4F0401_201701241645236c7.jpg

零式艦上戦闘機





KC4F0403.jpg

C56型31号機関車





KC4F0405_20170124164526060.jpg

八九式十五糎加農砲





遊就館内は有料スペースと無料スペースがあり、無料スペースにはこのように見応えのあるものも展示されているし、売店や軽食喫茶などもあるので、休憩場所としても機能している。





外に出ると境内は凛とした空気感に溢れており、身が引き締まる思いがする。いろいろな事が普段とはまた違った角度で頭を巡りだしたのは、この空気のせいか。

此処は、どんな思いがあるにせよ、日本人ならば一度は行っておくべき場所ではないかと思う。

また来よう。










靖国神社 http://www.yasukuni.or.jp/

年末の新橋

風景
01 /05 2017
KC4F0459_20170105181434f82.jpg

師走の新橋駅前の風景―――。





新橋駅前SL広場の「C11 292号」が電飾されてた。





おっさんの俺が見ても綺麗かったwww










和歌山県の景勝海岸「千畳敷」

風景
02 /24 2016
KC4F0972.jpg

南紀白浜温泉の帰りに、国の名勝に指定されている「千畳敷」へ寄ってみた。ここは温泉郷の程近い場所にある。





KC4F0963.jpg

この景勝地の真骨頂は太平洋に沈んでゆく夕日らしいが、訪れたのは朝方だった。ちと残念www





KC4F0964.jpg


KC4F0970.jpg

畳を1,000枚も敷き詰めることが出来るほどの広さがあることがこの名の由来である。





KC4F0968.jpg

この岩盤は砂岩で出来ておりとても柔らかく、打ち寄せる波の侵食によってこのようなカタチを形成しているとのこと。

そんな自然の波の影響なら大いに結構だが、行ってビックリしたんだけど落書きがスゴいのよ。10円玉でも簡単に削れるってことだからその柔らかさが仇になってるってことだけど、まあ至る所に書きまくられてた。国の名勝に指定されているのに何とも酷い状態だった。なんだか悲しいのを通り越して恥ずかしかったわ。






KC4F0965.jpg

【白浜観光協会公式サイト】
南紀白浜観光ガイド http://www.nanki-shirahama.com/index.php










大阪新世界、通天閣。

風景
11 /27 2015
KC4F0805.jpg

昔は怖い街と恐れられたことがあったらしい大阪・新世界の中心にそびえる通天閣。

まあ説明の必要のない有名なシンボルタワーだよね。





KC4F0806.jpg

通天閣の下から見上げるとこんな天井画が!

これ、「花園で遊ぶクジャク図」というらしい。初代通天閣にもあったやつの復刻版なのだそうだ。





KC4F0822.jpg

さあて! 通天閣も見たし、串カツとどて焼きでも食いに行こか―――♪










あさくさ・浅草寺

風景
10 /23 2015
KC4F0747.jpg

東京浅草・浅草寺へ―――。

この風神雷神門の大提灯も正面から撮りたかったんだが、どうててこうてて人が多くて断念した。





KC4F0748.jpg

仲見世の、この人の多さはどうなん!?

何か買い物しようと思ったんだが、どうててこうてて人が多くて断念したwww





KC4F0749.jpg

人・ひと・ヒト―――。





KC4F0750.jpg

なかなか進まず、なかなか辿り着けない・・・・・。





KC4F0752.jpg

やっと キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! と思ったら、まだこの人だかりwww

この人の多さでも、やっぱ東京は大都会なんだと認識できましたですはい。





ちなみに、ここ「浅草寺」はご存知の通り「あさくさでら」ではなくて「せんそうじ」と読む。これは "神社は訓読み" "お寺は音読み" という昔からの習慣からきているそうだ。なので、浅草寺本堂のすぐ横に在る「浅草神社」は「あさくさじんじゃ」と読むんだって。

その伝でいけば、松山に在る四国八十八箇所霊場・第五十一番札所の「石手寺」は「せきしゅじ」と読むと思うのだが、何故かこの寺は「いしてじ」と読むのだが・・・これ如何に?www










KC4F0746.jpg

おまけで東京スカイツリーと金のうんこも見てきた。東京スカイツリーに登らなかったのかって?

もちろん登ってないよ。俺は極度の高所恐怖症なので、この位置から見るのが精一杯だったのだよ明智君。










秩父鉄道と秩父神社

風景
10 /16 2015
KC4F0735.jpg

俺は "てっちゃん" という訳ではないのだが、取り敢えず「秩父鉄道」。





KC4F0734.jpg

サメとか恐竜の絵づらのペイント列車。キャラクターものじゃないから派手なようで割と地味www





KC4F0738.jpg


KC4F0736.jpg

伊予鉄道では「坊っちゃん列車」が走っているが、秩父鉄道では「SLパレオエクスプレス ― C58363(シゴハチ サンロクサン)」というSLが走っているのだ。

警笛がシブい!





KC4F0739.jpg

そして駅弁。SLパレオエクスプレスをモチーフにした、どちらかというとお子様向け弁当だがこれも一興♪

美味しかった。





KC4F0740.jpg

そして神社仏閣ファンという訳ではないのだが、取り敢えず「秩父神社」。

ファンじゃなくても、こういう場所に赴くと背筋が伸びるね。この "凛" とした空気感は嫌いじゃないから、もう少し年を取ってからきちんとファンになろうwww





そんなこんなで埼玉県秩父市初見参―――。










松山地方祭 ― 2015 ―

風景
10 /07 2015
KC4F0649.jpg

今日は松山の秋祭り。

当然の如く俺は仕事で、獅子舞だけちょっぴり見た。





き・・今日のブログはこれで、し・・しまいです。










大阪LOVERってエエ曲やねぇ♡

風景
07 /07 2015
KC4F0599.jpg

とある土曜日の道頓堀。





KC4F0602.jpg

なんでもない普通の土曜日なのにすげえ人並み。椿さんかとおもたwww





KC4F0601.jpg

カニも元気に動きよったし。





KC4F0604.jpg

このおっさんも元気に太鼓叩きよったwww

なんじゃかんじゃ言うて、大阪はやっぱ都会ですわー!










日本三名園 「特別名勝 兼六園」

風景
04 /13 2015
KC4F0500.jpg

岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園とならび、日本三名園のひとつと称される金沢市の「兼六園」へ行ってきた。

恥ずかしながら・・・、岡山の後楽園に続きこちらの兼六園も此度が初見参(汗

この際だから後楽園の時と同じ言い訳をさせてもらうが、若い頃は神社仏閣や景勝地に興味なんかない訳で。今の歳でこのような場所へ来て受ける印象や感銘といったものは、当時のクソガキ時代には感じることが出来なかった訳で。どうせ行くなら、"今の歳" で巡るほうが有意義な訳で。・・・というまったく同じ言い訳にしておこうwww

言うまでもないが、この言い訳は水戸市の偕楽園に行った時も使う予定であるwww





KC4F0503.jpg

さて兼六園。

この日は急に雨が降り出すというあまりよろしくないコンディション。しかも "シトシトピッチャン" ではなくバケツをひっくり返したようなダーダー降り。しかもそのひっくり返したバケツが鉄製だったかのようなドンガラガッシャンという大雷!

そんな大雨で、おまけに風も強くて横殴りに雨が飛んでくるもんだから傘も役に立たず、もうびしょ濡れで寒いったらありゃしなかったわ。お蔭でゆっくりすることも出来ず、損した感が漂うひとときであった。

まあこの兼六園が在る金沢市は1年のうち半分が雨天というお土地柄のようで、当たり前といえば当たり前の光景なのかもしれないね。愛媛県人松山市民としては面食らうばかりだったが・・。

帰り、タクシーの運転手さんに教えてもらったが、金沢では「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるらしい。

・・・・・なるほど。





KC4F0510.jpg


KC4F0508.jpg


KC4F0509.jpg


KC4F0499.jpg

ここ兼六園は1985年に国の特別名勝に指定された日本三名園のひとつで、6つのすぐれた景観を兼ね備えていることより「兼六園」と名付けられたとのこと。また雪月花の "雪" にあたるそうだ。ちなみに "月"が後楽園で "花" が偕楽園とのことである。

由緒、歴史のある場所はいつも思うけど、凛とする空気を醸し出しているよね。この空気感、俺が洟垂れ小僧だった頃には感じることが出来なかっただろうから、それが分かるような歳になって初見参ってのは実にいいタイミングだったって訳だwww

日本にはまだまだ観るべきもの、行くべき場所、触れるべき空気感がたくさん在ることを知る今日この頃。

歳食っても、少しはイイことがあるじゃねえかwww










KC4F0498.jpg

【石川県金沢城・兼六園管理事務所】
〒920-0937石川県金沢市丸の内1-1
TEL 076-234-3800 / FAX 076-234-5292
ホームページ : http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/










本日は、お日柄もよく

風景
09 /26 2014
KC4F0425b.jpg

今日はここんとこ不順な天候続きの中、まずまずの「快晴」。

そして六曜でいうところの「大安」。

そして十二直でいうところの「平(たいら)」。





KC4F0426.jpg

なかなかの建築吉日でございますな(^^)










石のかざぐるま ―八幡浜市真網代―

風景
06 /09 2014
KC4F0179.jpg

八幡浜市から西予市三瓶町方面へ海岸線を走っていると、海べりに石のかざぐるまが佇んでいる。

ここは真網代くじらリハビリテーション病院の庭園内。特に観覧制限などはかかってないようなので、この辺りをドライブされた折にはちょっとひと休みに寄ってみるのもいいかもね♪





KC4F0180.jpg

これ全部石で出来てるそうだ。こんな大きな石が回るのかと思うけど、よく回るんだわこれがwww

少しの風で、見た目に反して軽快に回っていたよ。





KC4F0181.jpg

これらの石は、高知県から切り出して運んできたそうな。大変な苦労をしてお披露目に至ったそうです。
(病院の関係者談)





KC4F0182.jpg

このたくさんの石のかざぐるま群は、この辺りのシンボルにもなっているようである。





KC4F0183.jpg

バス停も真ん前だしね♪










【真網代くじらリハビリテーション病院】
〒796-8053 愛媛県八幡浜市真網代甲229−5
TEL 0894-28-1123
ホームページ : http://maajiro.kujira.biz/

日本三名園 「岡山後楽園」

風景
03 /13 2014

金沢市の兼六園、水戸市の偕楽園とならび、日本三名園のひとつと称される岡山市の「後楽園」へ行ってきた。

恥ずかしながら、この歳にて初見参(汗

まあ言い訳だけど、若い頃は神社仏閣や景勝地に興味なんかなかったからなぁ。今の歳でこのような場所へ来て受ける印象や感銘といったものは、当時のクソガキ時代には感じることが出来なかっただろうから、"今から" 巡るほうが有意義だ・・・という事にしておこうwww





KC4F0048.jpg


KC4F0053.jpg


KC4F0054.jpg


KC4F0055.jpg


KC4F0056.jpg


KC4F0057.jpg


KC4F0058.jpg

日本三名園ってくらいだから俺の拙い説明など無い方がスッキリするってなもんだ。ま、詳しくはWEBで!www

当たり前だけど、やはり近所の公園とはなんちゅうか・・存在感や空気感と言ったものがぜんぜん違うもんだね。たとえこういった場所に興味もなくて無頓着でも、どこか背筋が伸びるというか構えるというか、凛とするような気がする。

ここへ足を運んだタイミングでまた大きな仕事に着手することになった訳だけど、こんな節目だったり決戦前だったりのタイミングでこういう空気感に浸るっちゅうのは気力が充実して英気も養えていいもんだね。

っちゅうことで、平成26年度も気合入れて行こかいのー!










KC4F0060.jpg

【岡山後楽園】
〒703-8257 岡山県岡山市北区後楽園1-5
TEL 086-272-1148 / FAX 086-272-1147
ホームページ : http://www.okayama-korakuen.jp/










松山地方祭

風景
10 /07 2013
KIMG0346.jpg

松山の秋の風物詩。





KIMG0343.jpg

練り歩く神輿。今年は飲みながら拝見。










つか、飲みながらはいつもの事かwww










今の今まで知らなかったー!

風景
05 /28 2013
KC3O0315.jpg

先日アップした、西条市の「結々亭」さんの帰り道、久しぶりに小松の「りんりんパーク」へ寄ってきた。





KC3O0313.jpg


KC3O0314.jpg

今日、きくりんさんのブログを拝見したら・・・なんと!偶然にも「りんりんパーク」の記事がwww

それによると、此処は「りんりんパーク」ではなくて「りんりんパークー」だったことが判明!

知らなかったの俺だけかなぁ・・・・・。





超ウケるwwwwww










KC3O0312.jpg

愛媛県西条市 【りんりんパークー】
http://www.rinrinpark.com/










四国 松山 道後温泉

風景
04 /12 2013
KC3O0197.jpg

久しぶりに道後の街をぶらり歩き。以前に比べて、もうだいぶ様変わりしたよなぁ。ここら辺はあまりくることがないからとても新鮮だったよ。

今、この由緒正しき道後温泉本館の老朽化をどうするかで少し町が揺れていると聞いた。直すとなるとかなりの時間を要して観光集客に大きな影響が出るとかなんとか。それぞれの立場でいろいろあると思うが、長い目で見てみんなが納得できる結論を出してほしいものだね。

まあ、姫路城や出雲大社も同じように各方面のバランス取りに大変な中、大がかりな工事やってんだから、道後温泉も倣って頑張ってほしいね。





KC3O0192.jpg

此度道後温泉にきたのは、とある企業のオーナー会とやらに参加するためだ。会場はふなやさん。





KC3O0196.jpg

いろいろ会社運営に係る勉強会や事業紹介など、なかなか内容のある会合だったわ。メシも満足だったよwww





KC3O0195.jpg

ふなやさんの庭園はさすが由緒あるお宿だけに、なかなかの趣きがあって素晴らしいですな。

そんな素晴らしい庭園を流れる川の、せせらぎの中に大きな魚影をみつけたおじさん達の会話。

『ほほう、立派な鯉が泳いでおりますな。』

『ちゃうちゃう。あれは鯉ちゃうで。ふなや。』

お後がよろしいようでwww










KC3O0193.jpg

【道後温泉 ふなや】
政府登録国際観光旅館
〒790-0842愛媛県松山市道後湯之町1-33
TEL 089-947-0278 / FAX 089-943-2139
公式ホームページ : http://www.dogo-funaya.co.jp/










2012年5月21日、金環日食

風景
05 /21 2012
20120521kinkan01.jpg

今日は25年ぶりの金環日食。

松山では金環にはならないようで残念だが、かろうじて厚曇りから顔を出した部分日食を観測することは出来たようだ。俺も取り敢えず撮ってみた。撮影のタイミングは適当だったので、厚みのある三日月状に見えるのはご愛敬ってことでwww





20120521kinkan02.jpg

この金環日食、日本中の広範囲で観測できるのは平安時代以来932年ぶりだってさ。ファンタジーだね♪





20120521kinkan03.jpg

世紀の天体ショー・・・、天気は残念だったが取り敢えず感動。










2012年5月21日7:42撮影

足摺宇和海国立公園「高茂岬」

風景
05 /08 2012

『えひめ南予いやし博2012』が平成24年4月22日(日曜日)から開催されている。

やっぱ・・・、県人としては一度くらい足を運んでおかなきゃ罰が当たるー!ってことで、此度のGWに南予方面に行ってきた。

高速道路が開通したってのも思いつきやすくさせて背中を押した大きな要因だな。高速道路がなかった頃は宇和島へ行くなんてのは大仕事だったのに、今や1時間半程度で着いてしまうんだから便利になったもんだ。

俺は基本インドア派なので、人混みは苦手なのだ。

ってことでセレクトしたのが・・・・・、足摺宇和海国立公園「高茂岬」だ。





2012gw01.jpg

愛媛の最南端に位置し、 100メートルを超える断崖が続く岬だ。この高茂岬は豊後水道に大きく突き出しており、昔から航海の難所として知られているらしい。もちろん、俺はそんな事を知る由もないので受け売りだよwww

天気が良くて空気が澄んでいたら九州の山並みの展望が素晴らしいとのこと。最南端だから障害物なんかないよな。






2012gw03.jpg

好天に恵まれ、風光明媚とはこの事やろ!ってくらい綺麗だったな。まさしく癒されたよー♪

波も一切たってなくて、ベタ凪。そして、ここは何も音がしないんだな。騒音もさざ波も風切り音も何もない。世間の喧騒から離れ・・・なんてよく言われるが、ここまで無音なのはちょっと感動。





2012gw02.jpg

写真上に霞んで見えてるのがその九州の山並みかな。空気が澄んでいたらもっと綺麗に見えるのかしらん。

この高茂岬の"本当"の絶景は、九州山地に太陽が飲みこまれてゆく落日の風景とのこと。いつか、そんな夕景を時間を忘れて観てみたいものだ。

そして・・・、愛南町役場商工観光課によるとここ高茂岬は全国でも有数の鷹の渡りの拠点となっているらしく、秋口にはその雄姿を見る事ができるようだ。この時期にその雄姿を魅せてくれたのは同じ鷹科の鳶さん。





2012gw04.jpg


2012gw05.jpg


2012gw06.jpg


2012gw07.jpg


2012gw08.jpg

しかしまぁ、なんと優雅に飛ぶんだろう。空を滑るように飛ぶ姿はまさに空の王者・猛禽類の風格が漂う。

こいつ、猛禽類の猛々しさに似合わぬ可愛い声で鳴くんだなぁ。『ぴーーーひょろろろーーー♪』って甲高い声で鳴いてた。

無音の中、鳥の声だけが聞こえてくる癒しの空間に身を置く・・・・・。この贅沢な時間は病みつきになりそうだ。










【高茂岬(こうもみさき)に関するお問い合わせ】
愛南町役場 商工観光課 
〒798-4196 愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲2420番地
TEL:0895-72-7315

雪が降る日に

風景
02 /03 2012
120203_kaguya.jpg

此度の冬は寒いねぇ。北の方では被害も甚大で大変なことになってるな・・・。

お見舞い申し上げます。





そんな北の方々には申し訳ないが、松山ではこの冬"初"の積雪になった。今冬初めて見る雪化粧。

松山人は雪に慣れていないから、出勤するのも大変な事態となる。

今朝はいつもより30分早く家を出たが、職場に着いたのはいつもより遅くなった。ノロノロ渋滞www

こりゃ・・・、今日の仕事はアポイントの時間に気をつけなきゃな。頑張ろ!





120203_0728~01


120203_0732~01


120203_0757~01

しかし・・・・・、椿さんが終わったら暖かくなるんじゃなかったのかよ!

終わった途端にこの冬一番の冷え込みてて・・・(^^;










中秋の名月

風景
09 /14 2011
h230912moon.jpg

平成23年9月12日(月曜日) 18:20
環状線 和泉大橋上にて










Takeoff

風景
10 /19 2009
全日空旅客機

全日空機のTakeoff!




秋祭り

風景
10 /19 2009
ブログなるものを、初めてみようと思う。
右も左も分からないけど、やってくうちに何か見えてくるかな?

ま、気楽にやってみよう(^^)

最近始めた、写真を取り敢えず載せてみよう。

しょせん、素人の写真だから、大したもんじゃないですが・・。



2009秋祭り-雄郡神社神輿

- 2009年 秋祭り -





乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。