よい年越しを♪

つぶやき駆郎
12 /29 2014

こなさん、みんばんは!

ゆうこそ、よらっしゃいました!!

↑ というのを知ってるアナタは昭和ですねwww





13504761340002.jpg

師走そのままにバタバタしてたら、『あっ!』という間に今年が終わろうとしてるなぁ。

なんだか、歳追う毎に『あっ!』という間の間が短くなってるような気がする。これが老いというものなのかwww

しかし今年もいろいろありましたな。

スゴイ事件事故がひっきりなしに紙面画面を賑やかすもんだから、いろいろな意味で麻痺してしまいそうだわ。

昔からこうだっけ?





dcf932a7.jpg

でもまあ、何はともあれ今年も終わろうとしております。

俺個人も、良い事も悪い事もたくさんあった2014年だが、何とか無事に年越し出来そうではある。

来年もまた輪をかけていろいろあるんだろうが、それを楽しめる器量を持ちたいものだ。

2015年はひつじ年。

「羊の皮を被ったオオカミ」のようにアグレッシブに行こうじゃないか。

間違えても・・・、「羊の皮を被ったヤギ」にはならないようにしようっとwww










p5a0016f3.jpg

みなさま、良いお年を♪










This picture was gathered on the Internet.

今年もあと僅か!

つぶやき駆郎
12 /16 2014

師走も半分が過ぎ、今年も残すところあと僅かとなりましたな。

なんで年末はこうも業務やら雑用やらがかぶってくるんだろな・・。なんやかやと忙しいわ!





KC4F0461.jpg

こんな時は美味いもんでも食って乗り切るしかないけど、忘年会の波状攻撃で胃腸が弱ってるしなぁ。

でもまあ今年もあと2週間ちょい。肝臓に鞭打って頑張りますか!www





KC4F0462.jpg

まだまだ忘年会とかで暴飲暴食をせざるを得ないみなさま。

この年末を無事に乗り切られることを祈る!










今度の日曜日は選挙に行こう!

つぶやき駆郎
12 /12 2014

平成26年12月14日(日曜日)の第47回衆議院議員総選挙をうけて、ここんとこ政治色の強い報道が増えてますな。

その報道だが、各局各誌それぞれ言いたいことや不平不満を上手に言い廻すもんだから、よぉく聴いてないと真意が掴めないことが多々ある。聞き捨てならない事を思わず聞き流してしまいそうな表現はさすがプロと言わずばなるまいwww

そんな解かりづらい昨今の報道を、変な方向に誘導されることなく読み解くためのヒントは、その独特の言い回しを理解することにあったりする。これは政治政局報道に限った話ではないし、ニュースを見聞きする際にヒジョーに役に立つと思われるのでwww、そんな用語を少し掻い摘んで載っけておこう。各報道を見たり読んだり聞いたりする時の参考にしてくれたまえ明智君。





13448187820002.jpg



【 よく耳にするマスコミ用語集www 】


『しかし、だからといって・・・』
・・・・・ここから先が本音であるという意味


『議論が尽くされていない』
・・・・・自分たち好みの結論が出ていないという意味


『国民の合意が得られていない』
・・・・・自分たちの意見が採用されていないという意味


『異論が噴出している』
・・・・・自分たちが反対しているという意味


『政府は何もやっていない』
・・・・・自分たち好みの行動を取っていないという意味


『内外に様々な波紋を呼んでいる』
・・・・・自分たちとその仲間が騒いでいるという意味


『心無い中傷』
・・・・・自分たちが反論できない批判という意味


『皆さんにはもっと真剣に考えてほしい』
・・・・・アンケートで自分達に不利な結果が出てしまいましたという意味


『アジア諸国』
・・・・・中国、韓国および北朝鮮の事、それ以外の多くのアジアの国は含まれない


『説明責任を果たしていない』
・・・・・反対する言い訳がすべて論破され、反対理由は「説明責任」のみになってしまったという意味   


『本当の解決策を求める』
・・・・・何も具体策はないがとにかく政府等のやり方はダメだという意味


『冷静になる、落ち着く』
・・・・・自分たちが今は劣勢なので、今は世論と勝負したくないという意味


『ただ、気になることがある』
・・・・・論理薄弱のため心配事の表現形式で、自社主張の「なんくせに誘導しますよ」という意味










This contents was gathered on the Internet.

早っ!www

グルメ
12 /09 2014

ところ変わって岡山県。

昔は高知県から岡山県への移動なんて一日仕事だったけど、今やあっという間だもんな。便利になったもんだ♪

午前中ササッと用事済ませて走ったら昼にはもう岡山入りしてる。早っ!www





KC4F0408.jpg

この日の昼は倉敷にて。

以前おじゃまして大変気に入ったラーメン屋「にぼし家」さんへ再訪。

当時のまんま、美味しいラーメンだった。

昼食をササッと済まして走ったら夕方にはもう松山入りしてる。早っ!www

朝めし高知で食って昼めし岡山で食って晩めし松山で食う。いやはや便利な世の中になったもんだねぇ♪










【にぼし家】
岡山県倉敷市新倉敷駅前5-252-1 (新倉敷駅から約500m)
TEL 086-525-5530
営業時間 : 11:00~14:50 / 17:00~24:00
定休日 : なし(火曜日の二部(夜)のみ休み)

過去記事 : http://rancloh.blog67.fc2.com/blog-entry-331.html

土佐の高知の「漁師料理 明神丸」

グルメ
12 /08 2014
KC4F0402.jpg

今回の高知行きの夜も前回と同じく「明神丸」さん。

ただし此度は高知市本町1丁目にある「漁師料理 明神丸」さんのほうへ行ってきた。たまの高知なので、違うお店にも行ってみたかったが、案内してくれる人間がいたく明神丸さんを気に入っているようでwww

まあね、前回おじゃました帯屋町店のほうもかれこれ美味しかったので、もちろん異論反論はござらぬよ!

そして、やはり美味しかった♪

一番のお目当ての鰹塩たたきも抜群だったし、前回の帯屋町店でハマった青さのり天ぷらも旨かったし鯨の竜田揚げも懐かし美味し。朝市でも有名な土佐のフルーツトマトも金目鯛の煮付けも、俺の大好きなチャンバラ貝の潮煮ももちろん美味かった。ホント、何食べてもはずさないぜ明神丸!!





KC4F0405.jpg

そして、今回ハマったのがこの「土佐和牛の炙りにぎり(1,296円)」。漁師料理のお店で敢えて肉料理ってのも変っちゃ変かもしれないが、これはこれでなかなか乙なもんだった。絶妙の炙り加減で旨味の増した土佐和牛を乗っけた寿司で思った以上に美味しかったので二皿目を頼んだのは言うまでもないwww

高知も美味しいものがたくさんあるので夜の食事が相当楽しい。しかもガッツリ系が多いのは俺らおっさんにとってありがたいところだ。生きてるうちにまた飲みに来たい街のひとつだな。

こんな街に住んでたらそりゃ誰でも大酒飲みになってしまうわなwww










KC4F0401.jpg

【漁師料理 明神丸】
高知県高知市本町1-1-2
TEL 088-820-6505 / (予約専用) 050-5868-5204.
営業時間 : 17:00~23:30
年中無休










漁師料理 明神丸魚介・海鮮料理 / 堀詰駅はりまや橋駅大橋通駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

高速めし「瀬戸内きわみ塩らーめん」

グルメ
12 /04 2014
KC4F0400.jpg

松山自動車道上り、石鎚山サービスエリアのフードコート「ラーメン工房がいな」さんにて、「瀬戸内きわみ塩らーめん」とやらを食べてきた。





KC4F0399.jpg

こちらがその「瀬戸内きわみ塩らーめん」でお値段は720円也。

此処が高速道路のSAである事を踏まえると、なかなかイケてるラーメンだと思う。ご覧のようにシンプルな1杯で、サンプル写真に比べるとチャーシュー小さっ!とか、青のり少なっ!とかは言いっこなしとしてwww、お味の方はきちんと塩ラーメンしている。このラーメンが瀬戸内を極めているのかどうかは俺には分からなかったが、また今度ちょうど食事時に此処を通りがかったらリピートするかな位は美味しい1杯だった。

しかし、サービスエリアのフードコートも良くなったものだね。昔はそれこそテキトーな料理しか口にできなかったけど、今はいろいろなバリエーションのちゃんとした料理が食べられるようになった。ご当地グルメなどにも力を入れているので、長距離を走る時などSAに立ち寄るのも大きな楽しみになってきてるのはいい事だ♪

高速めしと侮るなかれ。最近のSAはれっきとしたグルメスポットですぜぃ平次親分!www










KC4F0398.jpg

【石鎚山サービスエリア上り線フードコート ラーメン工房がいな】
愛媛県西条市小松町新屋敷 乙22-20
TEL 0898-72-6459
営業時間 : 24時間365日
定休日 : なし










石鎚山サービスエリア(上り線)フードコートうどん / 伊予小松駅伊予氷見駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

四万十めし「窪川米豚丼」

グルメ
12 /03 2014
KC4F0395.jpg

高知自動車道を四万十中央I.Cで降りてスグの「道の駅 あぐり窪川」にて昼食タイム。この道の駅の中にある「レストラン風人(ふうど)」さんへ行ってきた。

注文したのはこちらで名物丼と謳っている「窪川米豚丼」。お値段は950円也。

この四万十町の窪川という地域は、古くから高知有数の米どころで仁井田米の産地として有名なお土地柄のようである。そしてそんな仁井田米をたらふく食べさせて育てたのが"窪川ポーク米豚"だそうで、言わずもがなこの「窪川米豚丼」の主役である。

お味の方はこの"窪川ポーク米豚"を、これまた窪川産の大豆に"窪川大豆"というのがあるのだが、この大豆を100%使った"じんさい味噌"というお味噌で焼き上げたものでなかなか香ばし美味しい。

・・・のだが、食べ進めるうちにパンチが足りなく感じるところもあるかなぁ。豚丼と言えば、北海道の豚丼が真っ先に思い浮かぶ方も多いと思われるが、それに比べると若干インパクト不足に感じる。

それはきっと、見てくれは似ているものの、あの蒲焼風の強烈な旨味と方向性が違うお味に面食らうからじゃないかと思う。掴みはどちらもイケてるんだけど、後半は強烈さが足りない分窪川のほうが分が悪いかな。ただし、そんな余計な食べ覚えがアタマをよぎらなければ何ら問題ない美味しい豚丼だと思うので、この辺にお越しの際は一度この名物丼を召し上がるのもよろしいんじゃないかと・・・。










KC4F0396.jpg

【あぐり窪川 レストラン風人(ふうど)】
高知県高岡郡四万十町平串284-1
TEL 0880-22-8848
営業時間 : 8:00~20:00 (※季節により変更あり)
定休日 : 毎月第3水曜日 (3月のみ末日)










あぐり窪川肉まん・中華まん / 仁井田駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

四万十沈下橋

旅行記
12 /02 2014
KC4F0387.jpg

「沈下橋」といえば、全国的にも高知・四万十のが有名だろう。

その四万十川には60以上もの沈下橋がかかっているそうだが、今後保存していく対象となる橋は47橋(本流21、支流26)だそうだ。

今回訪れたのはそのうちのひとつ「上宮(じょうぐう)沈下橋」。





KC4F0389.jpg


KC4F0391.jpg


KC4F0393.jpg

この橋が架けられる昭和32年までは、この辺りの流域にお住いの住人のみなさんは渡し船で対岸へ行き来していたそうだから、これが出来てそうとう便利になったことは想像に難くないよね。今では生活道路ならぬ生活橋としてなくてはならない橋であり、保存されるべき価値のある景観ってことだね。実際、「四万十川沈下橋保存方針」の対象となっているそうだ。

ところで、愛媛県にも沈下橋(または潜水橋ともいう)がいくつか在るのをご存知かね明智君。大洲の肱川や小田深山渓谷、仁淀川(面河川)や別子銅山跡地などにあるそうだ。愛媛県人として、せめてどれかひとつだけでも観ておかねば・・・と、とってつけたように思う今日この頃だwww










KC4F0388.jpg






へんぴなミュージアム

旅行記
12 /01 2014
KC4F0383.jpg

模型・ホビー・フィギュアでお馴染みの「海洋堂」さんの、四万十町にある「海洋堂 ホビー館 四万十」へ行ってきた。

へんぴなミュージアムと敢えて謳うこの施設、ホントに半端なく辺鄙だったわwww

ここは四万十町と海洋堂がタッグを組んで、平成21年に廃校になった打井川小学校の体育館を改築して作った施設で全国初の試みだそうだ。





KC4F0381.jpg

中は元体育館だっただけに相当広く真ん中に大きな帆船も鎮座。その帆船の中や周りを大小様々な模型やフィギュアがところ狭しと飾られている。こりゃ好きな人は堪らんだろなwww





KC4F0378.jpg


KC4F0379.jpg

作品ごと時代ごとに違うバリエーションのゴジラとか♪





KC4F0377.jpg

田舎の情景だとか♪





KC4F0374.jpg


KC4F0376.jpg

食い意地はってるもんで、この食べ物の模型が一番ハマったわwww

とまあ・・・こんな感じで硬派なものからオタクっぽいものまでたくさん展示されているので見応えはじゅうぶんである。此処へ来るまでの道中、『ホントにこんな山奥にそんな施設があるのか?』と不安になるかもしれないが、ナビるか標識辿って行けば必ず到着するので興味のある人は一度足を運んでみれば如何だろう。たまには"辺鄙"もいいもんだwww










KC4F0385.jpg

【海洋堂 ホビー館 四万十】
〒786-0322 高知県高岡郡四万十町打井川1458-1
TEL : 0880-29-3355 / FAX : 0880-29-3356
ホームページ : http://www.hobbykan.jp/










乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。