豚太郎のしょうゆラーメン

グルメ
04 /30 2015
KC4F0006rzv.jpg

最近、豚太郎の記事を書いてないから行ってないと思われているやもしれない。

が、そんなことはあーりませんwww

足繁く、まんべんなく各店舗を廻って食べまくっております故。

ただ単に行き過ぎて書くことがなくなったっちゅう訳っすwww





豚太郎といえば「みそラーメン」がイチオシっちゅうか看板メニューだが、俺は「しょうゆラーメン」が一番好きだね。「しおラーメン」もよく食べてたけど、廻り回ってやっぱ最後は「しょうゆラーメン」に戻っちゃうなぁ。

なんだか理由はよく分からないけど何か妙にこだわってしまう・・・。

しょうゆう事って皆さんもお有りでっしゃろ!? www










らーめん春光亭の汁そば

グルメ
04 /29 2015
KC4F0543.jpg

ちょうど昼時。

たまたま通りがかる。

奇跡的に駐車場が空いている。

という、いくつもの偶然が重ならないとなかなか食べられない春光亭さん。

この日はそんな偶然が重なったラッキーな日であった。普段から善行はやっとくもんだねwww





メニューは「汁そば」。

こちらのお店は熱烈なファンが大勢いらっしゃるし、著名なるフードブロガーのみなさんからも絶賛されている。そしてその通り相変わらずウマい一杯だった。独自路線を突っ走るブレない一杯。大将は客の帰り際ブレてないかとよく確認されておられるが大丈夫、ブレてないですよwww

だが、このように味についてはまったく申し分ないんだけど、気になることが二つあった。

ひとつは "汁" の量。画像がピンボケで申し訳ないが、ごらんの通りの少なさで具材は言うに及ばず麺すらも浸っていない。これはこれで正しいのか分からないが、少なくとも過去に食べた時はこんなことはなかったと思う。

そしてもうひとつは "汁" の温度。あたたかい汁そばを注文したのだが湯気がまったく立ってない。実際にすくって飲んでみると「イッキ」が出来るほどぬるかった。これはもしかしたら汁の量が少ない事に起因しているのかもしれない。

『いや、春光亭の汁そばはこうだ!』と言われればそうなのかもしれないが、少なくとも俺が前に食べた時とは違っていた。この日たまたまだったのかもしれない。だがたまたまじゃなかったとしたら、この状態では一見さん相手にはちと厳しい一杯なんじゃないかと思った。

まあまた偶然が重なった時にでも確かめに行ってきましょうわい。俺の勘違いでありますように・・・。










【らーめん 春光亭】
愛媛県松山市井門町489-8
TEL 089-957-1125
営業時間 : 11:00~14:30
定休日 : 火曜日

緒方麺房 おが多のチャーシューメン

グルメ
04 /28 2015
rzvKC4F0012ksk.jpg

松山にて、アッサリしたラーメンが食べたくなった時に候補に挙がってくるであろう「おが多」さんへ行ってきた。

大量のネギに浮かぶチャーシューに木耳といった、知る人ぞ知るお馴染みのビジュアルのラーメンである。澄んだスープのアッサリとしたお味は相変わらずウマいね。〆や二日酔い時の迎え酒ならぬ迎えめしにも最適な一杯だ。

此処のラーメンは炙り焦がしたチャーシューが絶品なので、此度はチャーシューメンにしてみた。

うむうむ、期待を裏切らない美味しさである。この一杯も麺とスープとかやくのバランスがとれた、何度でもリピートしたくなる旨さの一杯だな。また来よう♪





だが、ただひとつ!

この細かく切った大量のネギが麺を吸い込む際、気管支に入って誤嚥しまくるのが玉に瑕である。これは俺自身の寄る年波によるもので如何ともし難いのだが、最近増えて閉口しているのであったwww










【緒方麺房おが多 二番町店】
愛媛県松山市二番町2-5-1黒田ビル1F
TEL 089-921-0003
営業時間 : 21:00~ 3:00
定休日 : 日曜日

らーめん工房 りょう花の鶏塩らー麺

グルメ
04 /27 2015
KC4F0542.jpg

昨年の晩秋にメニューを一新した「らーめん工房 りょう花」さんのフライブルグ店に行ってきた。

新しいメニューになってからの初りょう花www

注文したのは「鶏塩らー麺(650円+税)」。上位版に「鶏塩味玉らー麺(750円+税)」と、味玉・梅・叉焼3枚が乗っかってる「贅沢のせ鶏塩らー麺(880円+税)」が用意されている。

この一新で一番目を引くのがどんぶり手前に浮かんでいる炭焼き鶏チャーシュー。なかなかの香ばしさで旨い!

相変わらずこのお店は麺とスープとかやくのバランスを上手にとってるね。まったくもってソツなく美味しい。この一杯、夏には是非とも "冷やし" で出して欲しいもんだ♪

ま、よろしく!www










KC4F0539.jpg

【らーめん工房 りょう花 フライブルグ店】
愛媛県松山市南江戸3-10-30
TEL 089-994-8835
営業時間 : 11:00~ 2:00
定休日 : 火曜日










博多一風堂の白丸元味

グルメ
04 /24 2015
KC4F0478.jpg

昨日はこってりムツ濃いラーメンを食べたので、今日はあっさり行こうか!

って、何処があっさりやねんwww

「博多一風堂」さんの白丸元味。このラーメンも何気によく食べてるなぁ。

しかしラーメン好きだねwww

どうやら・・・、この世にラーメンある限り、メタボからの脱却は叶わないようである。










【博多一風堂松山店】
愛媛県松山市二番町3-8-12
TEL089-915-3161
営業時間:11:00〜3:00(年中無休)

味千拉麺のパイクー麺

グルメ
04 /23 2015
KC4F0477.jpg

普段よく通る道沿いにある「味千拉麺」さん。看板を見かける度合いが多いもんで、"特別"好きって訳じゃないのに何気に足繁く通っている感があるわwww

看板を見たら味が思い浮かぶってことだろうから、なんじゃかんじゃ言うても好きってことだなwww

で、今回食したのはこの「パイク―麺」。

特長は使ってる肉が軟骨付きの上質な豚のあばら肉ってことに尽きるね。

とろっとろに煮込んであるので味はしゅんでるわ柔らかいわでなかなか美味しい。ボリューム感も満点なのでガッツリ行きたい時に適した一杯ですわ。

「味千拉麺」さんのメニューの中ではイチオシだね。未食の方は一度ご賞味あれ♪










【味千拉麺 松山朝生田店】
愛媛県松山市朝生田2-1-1第92杉フラット1F
TEL089-943-8588
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜23:00
定休日:不定休

いよてつ会館「中國料理北京」

グルメ
04 /22 2015
KC4F0431.jpg

大街道北口、ロープウェイ街傍のいよてつ会館の2Fに在る「中國料理北京」さん。

こちらはリーズナブルなお店に比べると少~し敷居の高い、松山に於ける中華料理の老舗のひとつである。

此度はコース料理をいただいた。





KC4F0434.jpg


KC4F0435.jpg


KC4F0437.jpg


KC4F0438.jpg


KC4F0440.jpg


KC4F0441.jpg


KC4F0443.jpg


KC4F0444.jpg


KC4F0445.jpg

さすが20年以上も続く老舗だけあって、オーソドックスながらもソツなくまとまった構成で、どの料理ももれなく美味しい。さりげなく高級食材も紛れ込んでおりメニューのメリハリも効いているので楽しくいただくことが出来た。

味付けはどちらかというと上品で、お店の雰囲気とマッチしてていいんじゃなかろうか。お値段相応の料理を提供してくれるので、商談だったり接待だったり記念日だったりと様々なシーンで利用出来るので、知ってて損のないお店だと思う。

ただ俺的には、中華料理はガッツリ行きたいタイプなので、普段使いは肩肘張らずに行ける孫悟空や将棋の駒のお店になりそうではあるwww










KC4F0433.jpg

【中國料理北京】
愛媛県松山市大街道3-1-1 伊予鉄会館 2F
TEL 089-948-3460
営業時間 : 11:15~14:30 / 17:00~21:30
年中無休










中国料理北京中華料理 / 大街道駅県庁前駅勝山町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

日本三大珍味

グルメ
04 /20 2015
KC4F0531.jpg

日本の三大珍味といえば、みなさんご存知の「うに」「からすみ」「このわた」のことだよね。

どれも滋養深く濃厚な味でまさに "THE珍味!" ってやつだ。

そんな三大珍味のひとつである「このわた」の、更に上を行くと誉れ高い「くちこ」ってやつを食べてみた。

「このわた」が海鼠(なまこ)の腸なのに対して、「くちこ」は同じ海鼠の卵巣を使う。ひとつの海鼠から採れるのが極めて少量のため、1枚の干くちこを作るのにたくさんの海鼠が必要になるのでおのずと高価な珍味の高級品という位置付けになっているようだ。





KC4F0530.jpg

今回、この「干くちこ」を口にするのは人生初なのだが、まあ言うだけのことはあるね。

すげえ濃厚で且つ奥深~い味わいで、ほんの一欠けら口に入れるだけで口いっぱいに旨みが広がり、その旨みがいつまでも口の中に残る。これはまごうことなく「日本三大珍味」のひとつですな。

言わずもがな、日本酒と抜群に合う!

またぜひ食べたいものだが、高級珍味というだけあってけっこうなお値段なんだよな。スルメを買うようにお気軽にはできませんわ。次に口にできるのはいつの日になることやら・・・。










駅弁

グルメ
04 /16 2015
KC4F0536.jpg


KC4F0537.jpg

公共交通機関はあまり利用しないので、駅弁は俺にしたら滅多に食べられない珍しい食事なのだ。

駅のホームで買い込んで、新幹線が動き出したら徐にフタを開けて食す。

同じ弁当でも、事務所で食べる弁当より美味く感じるもんだね。実際美味いんだろうし♪

旅情溢れるってこういうことかね。










KC4F0482.jpg

しかしまあ、この新幹線も含めて日本の鉄道は時間に正確だねえ。

俺の連れが『新幹線は感心せん!』と言ってたが、俺は感心したわwww










和倉温泉「加賀屋」にて

旅行記
04 /15 2015
KC4F0535.jpg

毎年恒例の年末温泉垢落とし旅、本丸の温泉宿は和倉温泉「加賀屋」さんをセレクトしてみた。

このお宿は "超" がつくほど有名なので説明はいらないだろう。「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において、34年連続総合トップという驚異の実績をもつお宿である。

このランキングは、おもてなし・料理・施設・企画など様々な切り口から評価しているもので、この「加賀屋」さんはどの部門においても上位だが、特に「おもてなし部門」において他宿の追随を許さない高評価を得ている。

そしてその評価が正しいかどうかは、実際に利用してみればすぐに分かる至れり尽くせりぶりである。





KC4F0512.jpg

これはその "おもてなし" とは違うと思うが、通された部屋はご覧の通りなんとも畏れ多いお部屋だった。部屋は和室洋室応接間と三つもあり、それぞれがオーシャンビューだし広くて良かったんだけど、逆に何となく落ち着かんし腰の座りが良くなかったですわwww





KC4F0521.jpg

さて、温泉宿での大きな楽しみのひとつである晩めし。和倉温泉をたっぷり堪能したのち部屋でゆっくり食するのは、一年の締めくくりの行事としては最高の自分へのご褒美だな♪

酒は旨いしねえちゃんは・・・居ないけど(笑)、まったりと美味しい時間を堪能させてもらった。





KC4F0514.jpg


KC4F0515.jpg


KC4F0516.jpg


KC4F0518.jpg


KC4F0520.jpg


KC4F0522.jpg


KC4F0523.jpg


KC4F0526.jpg


KC4F0527.jpg


KC4F0529.jpg

「加賀屋」さんの料理に関しては、特に目を見張るような突出したものはなかったが、お味はもとより種類・量も申し分なく十分に納得のいくものだった。奇を衒わない、基本を踏まえたオーソドックスな献立の中にもこちらのお宿の風格を感じることが出来た・・といえば大袈裟かな。まあ悪く言ってしまえば "フツー" ってことだけど、今回の旅の目的には十分適ったものでゆっくり堪能させていただき大変満足だった。





KC4F0532.jpg

そしてこちらが朝食だが、ご覧のとおり品数が多くてごはんを食べ過ぎてしまうのが玉に瑕。加えて、昨夜の晩めしも共通するんだけど、ここのごはんがウマ過ぎるんも原因かな。このごはんの存在はさりげないけど食が進む大きな隠しポイントだと思う。

最後に「加賀屋」さんのおもてなしについてひとつ。こちらの見送り方はスタッフが宿の玄関先に並んで手を振って終わりではなく、客と一緒に送迎バスに乗り込み、和倉温泉駅まで荷物を持って付いてきて、発車したら窓越しに手を振って見えなくなるまで佇んでいる・・・というところまで続く。

『そこまでするか!』と思いながらも、こういう見えるおもてなしから、なかなか気づいて貰えないようなおもてなしまで、全スタッフがもれなくこなすからこその、"プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選"の34年連続総合トップなんだろうと実感した。

かくして、2014年の年末恒例温泉垢落としはこうして心地好い思いの中幕を閉じた。










KC4F0534.jpg

【和倉温泉 加賀屋】
〒926-0192 石川県七尾市和倉町ヨ部80番地
TEL 0767-62-1111 / FAX 0767-62-1121
ホームページ : http://www.kagaya.co.jp/










加賀屋旅館 / 和倉温泉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

和の味 小粋に 「さくら茶屋」

グルメ
04 /14 2015
KC4F0493.jpg

兼六園来た人ご用達!の感がある「さくら茶屋」さんという、カフェもあれば懐石もあるという "和" のお店に行ってきた。

この日は、急に降り出した大雨とちょうどお昼時が重なって千客万来状態。カフェのみ利用のお客さんはお断りされてたが、このタイミングならさもありなん。

かなりの混雑にて、通路は待っている客でひしめき合っている状態。下げ膳がまともに出来ないために客の誘導がなかなか進まないのが原因のひとつと思われる。

そんな中、まあまあの待ち時間の後ようやく着席。

スタッフさんが注文を聞きに来た際、提供まで時間がかかるとのアナウンスがあったので、注文はなかんずく早く出せるうどんから選ぶことにした。選んだのが「大判きつねのおうどん」でお値段880円(税別)。

大判きつねというその名の通り、かなり大きなお揚げがどんぶりを覆い尽くしていた。このお揚げ、出汁をたっぷり吸っているのでなかなかジューシーで美味しい。このお揚げは石川県では有名な「白山とうふ工房 山下ミツ商店」さんのお揚げを使っているとのこと。

うどんも入り過ぎていない程よいコシがあり、喉越しもよくスルスルといける。さっぱり系のお出汁と相まってなかなかのうどんだった。観光地ではハズレのお店も多々ある中、こちらの「さくら茶屋」さんはイケてるお店のひとつだと思う。










KC4F0495.jpg

【さくら茶屋】
石川県金沢市兼六町2-50
TEL 0120-813-111
営業時間 : 11:00~22:00
年中無休










さくら茶屋懐石・会席料理 / 北鉄金沢駅野町駅金沢駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

日本三名園 「特別名勝 兼六園」

風景
04 /13 2015
KC4F0500.jpg

岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園とならび、日本三名園のひとつと称される金沢市の「兼六園」へ行ってきた。

恥ずかしながら・・・、岡山の後楽園に続きこちらの兼六園も此度が初見参(汗

この際だから後楽園の時と同じ言い訳をさせてもらうが、若い頃は神社仏閣や景勝地に興味なんかない訳で。今の歳でこのような場所へ来て受ける印象や感銘といったものは、当時のクソガキ時代には感じることが出来なかった訳で。どうせ行くなら、"今の歳" で巡るほうが有意義な訳で。・・・というまったく同じ言い訳にしておこうwww

言うまでもないが、この言い訳は水戸市の偕楽園に行った時も使う予定であるwww





KC4F0503.jpg

さて兼六園。

この日は急に雨が降り出すというあまりよろしくないコンディション。しかも "シトシトピッチャン" ではなくバケツをひっくり返したようなダーダー降り。しかもそのひっくり返したバケツが鉄製だったかのようなドンガラガッシャンという大雷!

そんな大雨で、おまけに風も強くて横殴りに雨が飛んでくるもんだから傘も役に立たず、もうびしょ濡れで寒いったらありゃしなかったわ。お蔭でゆっくりすることも出来ず、損した感が漂うひとときであった。

まあこの兼六園が在る金沢市は1年のうち半分が雨天というお土地柄のようで、当たり前といえば当たり前の光景なのかもしれないね。愛媛県人松山市民としては面食らうばかりだったが・・。

帰り、タクシーの運転手さんに教えてもらったが、金沢では「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるらしい。

・・・・・なるほど。





KC4F0510.jpg


KC4F0508.jpg


KC4F0509.jpg


KC4F0499.jpg

ここ兼六園は1985年に国の特別名勝に指定された日本三名園のひとつで、6つのすぐれた景観を兼ね備えていることより「兼六園」と名付けられたとのこと。また雪月花の "雪" にあたるそうだ。ちなみに "月"が後楽園で "花" が偕楽園とのことである。

由緒、歴史のある場所はいつも思うけど、凛とする空気を醸し出しているよね。この空気感、俺が洟垂れ小僧だった頃には感じることが出来なかっただろうから、それが分かるような歳になって初見参ってのは実にいいタイミングだったって訳だwww

日本にはまだまだ観るべきもの、行くべき場所、触れるべき空気感がたくさん在ることを知る今日この頃。

歳食っても、少しはイイことがあるじゃねえかwww










KC4F0498.jpg

【石川県金沢城・兼六園管理事務所】
〒920-0937石川県金沢市丸の内1-1
TEL 076-234-3800 / FAX 076-234-5292
ホームページ : http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/










初見参! 石川県金沢市

旅行記
04 /10 2015
KC4F0492.jpg

2015年3月14日に北陸新幹線が開業し大いに盛り上がっている石川県金沢市。

そんな盛り上がりを他所に、俺が石川県金沢市に初めて足を踏み入れたのは昨年の晦日だったりwww

毎年恒例の年末温泉垢落としで2014年末に訪ねたんだけど、忙しさにかまけて更新サボったもんだからズレにずれて今頃のアップと相成った訳だが、アップする前に北陸新幹線開業なんていう大きなイベントがあったもんだから旬じゃないにも程があるって事になっちまった・・・。ま、自業自得www





KC4F0483.jpg

旅行と言えば、俺は大抵クルマ移動なんだけど、取り敢えず此度は北陸へ行くので用心もかねて公共交通機関を使ってみた。画像はサンダーバード号。

このサンダーバード号はなんでも近々なくなるそうだ。まあそういう意味じゃ乗れて良かったのかな。俺は鉄っちゃんではないけどねwww





KC4F0485.jpg

そして案の定というか期待通りというか、外は雪景色であった。クルマじゃなくて良かった良かった♪

そんな雪景色を眺めながらウイスキー・シングルモルトをチビチビと・・・。

うむ、飲みながら旅(移動)するってのはクルマじゃ出来っこないからこれは列車の醍醐味ってやつだな。

いいもんだ、またしよう♪





KC4F0486.jpg


KC4F0487.jpg


KC4F0488.jpg

そして金沢駅に到着。まあなんと立派な!!

このガラスで出来たドーム状になってるのが「もてなしドーム」で、この大きな門が鼓をイメージした「鼓門」なんだそうだ。いやはや、JR松山駅と比べちゃいかんのやろうけど、同じ県庁所在地でこの差はスゴいね!

さすが加賀百万石www





KC4F0490.jpg

金沢駅に入るまでは雪模様だったけど、駅を降り立ったら雪は雨に変わって降ったり止んだり。

足元はあまりよろしくないしかなり寒いが、まずは "兼六園" に行ってみよう。










To be continued.....

拾ろたらワロタwww

ネタ
04 /09 2015

ネットで見かけた、クスッとくる画像やジワジワくる画像を集めてみました。

此度は芸能人や有名人のいろいろ♪





6a6f9a90.jpg





9c9b2bae.jpg





2534ec8d.jpg





200827ec.jpg





1418097718598.jpg





1418810036981.jpg





2001106011721.jpg





13038310990026.jpg





13242043760061.jpg





13537558140008.jpg










This picture was gathered on the Internet.

深夜徘徊

グルメ
04 /06 2015
KC4F0473.jpg

忙しい忙しいとは言っても、まさか深夜までビッシリ仕事って訳もなく、それなりに夜の街に繰り出しストレス発散に励んだりもしてた訳で。

で、深夜までうろうろ徘徊して最後辿り着くのはだいたい中華そば。

そして大抵この中華そば。





KC4F0472.jpg

ところで此処の大将、姿を見なくなって久しいが元気にしてるのだろうか。

お母さんは『元気元気♪』と、流して答えられるがちょっぴり心配ではある。ま、元気ってことにしとこう!

そういうことで、ここんとこ中華そばを作るのはお母さんな訳だが、大将が作る中華そばとビミョーに味が違うよね。月日が経つごとに違いが鮮明になってきてるように感じるのは俺だけかなぁ?

まあこれがお母さんの味って訳で、決して悪いと言ってる訳ではないので悪しからず。

どうこう言ったって、深夜徘徊する時はまた赤い暖簾に釣られて来ちまうわけだwww










騙し絵っちゅうか隠し絵っちゅうか・・・

ネタ
04 /03 2015
f8ff33a8.jpg

最近拾ったネタをひとつ。

騙し絵っちゅうか隠し絵っちゅうか、このいろんな虫だらけの絵。

カナブンやら蟻さんやらてんとう虫やらコガネムシやらゲンゴロウやらヤゴやら何やらがいっぱいなので虫嫌いな方は見ない方がいいかもです。

でこの絵、ジ~ッと眺めていると或る有名なキャラクターに見えてくるからアラ不思議www

さてさて、一体何の絵が隠されているでしょうか?

君は分かるかね、明智君。










This picture was gathered on the Internet.

4月になりましたね

つぶやき駆郎
04 /02 2015

クソ忙しかった年度末がようやく終わり新年度がスタートした。

時間に追われまくる仕事は取り敢えず一ケリついた。まだまだやり散らかした仕事の整理整頓や取り纏めは残っているものの、先月とは違って時間が急ぎ足では追いかけてこないので穏やかにバタバタしながらこなしてこ♪





13534739740088.jpg

先日は4月1日のエイプリルフール。

なにか気の利いたジョークでも・・・と思ってたら4月2日になっちまってたわwww

何はともあれ、新年度発進―――!










This picture was gathered on the Internet.

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。