深夜徘徊

グルメ
04 /06 2015
KC4F0473.jpg

忙しい忙しいとは言っても、まさか深夜までビッシリ仕事って訳もなく、それなりに夜の街に繰り出しストレス発散に励んだりもしてた訳で。

で、深夜までうろうろ徘徊して最後辿り着くのはだいたい中華そば。

そして大抵この中華そば。





KC4F0472.jpg

ところで此処の大将、姿を見なくなって久しいが元気にしてるのだろうか。

お母さんは『元気元気♪』と、流して答えられるがちょっぴり心配ではある。ま、元気ってことにしとこう!

そういうことで、ここんとこ中華そばを作るのはお母さんな訳だが、大将が作る中華そばとビミョーに味が違うよね。月日が経つごとに違いが鮮明になってきてるように感じるのは俺だけかなぁ?

まあこれがお母さんの味って訳で、決して悪いと言ってる訳ではないので悪しからず。

どうこう言ったって、深夜徘徊する時はまた赤い暖簾に釣られて来ちまうわけだwww










コメント

非公開コメント

No title

どて八もええぞなもし。
ラーメンと羽付き餃子…(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪
深夜徘徊したいですなぁ。

>ジュニアさん

さては・・・、自分だけで「どて八」に行きましたな?
あれほど誘ってくれと言ってたのに(ToT)

なんつってwww、マジで今度行きましょう♪

No title

正直な話、マスターが出なくなったころから、このお店は以前のこのお店ではなくなってしまいましたね。ラーメンの味も整理整頓もお母さんのトークにしたって。
好きだったお店の残骸を見ることは辛く、つい足が遠のいてしまいます。引き際といった言葉も思い浮かびますが、やはり乱駆郎さんのようにずっと通ってあげるのが真のファンというものでしょう。
人間もお店もだんだん年を取る、仕方のないことですよね。

>ファットマンさん

このような変遷を見届けるでもなく消えていくお店もたくさんありますので、時間とともにジワジワと変わってくる様を見届けるのも乙なもの・・・なんて、まったく気軽な理由にて通っています。
衰退してゆくのを見るのが辛いっていうのも、真のファンならではの想いではないでしょうか。
ファットマンさんも真のファンですよ(^^)


乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。