日本三名園 「特別名勝 兼六園」

風景
04 /13 2015
KC4F0500.jpg

岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園とならび、日本三名園のひとつと称される金沢市の「兼六園」へ行ってきた。

恥ずかしながら・・・、岡山の後楽園に続きこちらの兼六園も此度が初見参(汗

この際だから後楽園の時と同じ言い訳をさせてもらうが、若い頃は神社仏閣や景勝地に興味なんかない訳で。今の歳でこのような場所へ来て受ける印象や感銘といったものは、当時のクソガキ時代には感じることが出来なかった訳で。どうせ行くなら、"今の歳" で巡るほうが有意義な訳で。・・・というまったく同じ言い訳にしておこうwww

言うまでもないが、この言い訳は水戸市の偕楽園に行った時も使う予定であるwww





KC4F0503.jpg

さて兼六園。

この日は急に雨が降り出すというあまりよろしくないコンディション。しかも "シトシトピッチャン" ではなくバケツをひっくり返したようなダーダー降り。しかもそのひっくり返したバケツが鉄製だったかのようなドンガラガッシャンという大雷!

そんな大雨で、おまけに風も強くて横殴りに雨が飛んでくるもんだから傘も役に立たず、もうびしょ濡れで寒いったらありゃしなかったわ。お蔭でゆっくりすることも出来ず、損した感が漂うひとときであった。

まあこの兼六園が在る金沢市は1年のうち半分が雨天というお土地柄のようで、当たり前といえば当たり前の光景なのかもしれないね。愛媛県人松山市民としては面食らうばかりだったが・・。

帰り、タクシーの運転手さんに教えてもらったが、金沢では「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるらしい。

・・・・・なるほど。





KC4F0510.jpg


KC4F0508.jpg


KC4F0509.jpg


KC4F0499.jpg

ここ兼六園は1985年に国の特別名勝に指定された日本三名園のひとつで、6つのすぐれた景観を兼ね備えていることより「兼六園」と名付けられたとのこと。また雪月花の "雪" にあたるそうだ。ちなみに "月"が後楽園で "花" が偕楽園とのことである。

由緒、歴史のある場所はいつも思うけど、凛とする空気を醸し出しているよね。この空気感、俺が洟垂れ小僧だった頃には感じることが出来なかっただろうから、それが分かるような歳になって初見参ってのは実にいいタイミングだったって訳だwww

日本にはまだまだ観るべきもの、行くべき場所、触れるべき空気感がたくさん在ることを知る今日この頃。

歳食っても、少しはイイことがあるじゃねえかwww










KC4F0498.jpg

【石川県金沢城・兼六園管理事務所】
〒920-0937石川県金沢市丸の内1-1
TEL 076-234-3800 / FAX 076-234-5292
ホームページ : http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/










コメント

非公開コメント

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。