『和食女子』の店におっさん二人で行ってみた

グルメ
10 /01 2015
KC4F0715.jpg

おっさん二人がエエ気分で夜風にあたりながらふらふらと、花園通りから三番町の繁華街まで歩いてた道すがら立ち寄ったのが「Japanese Dining にの」さん。

こちらはお客さんの8割以上が女性という、文字通り女子ご用達のお店である。

そんなお店にロマンスグレーとかいうならいざ知らず、髪の毛の薄い髭面のおっさんが二人で行ったもんだから、もろアウェー感満点でとてもスリリングな時間だったぜ~www

こちらは店構えから西洋料理のお店かと思ったが実際は "和" にこだわりをもった和食のダイニングということだ。そのこだわりの中でも特に "おだし" にこだわっているとのこと。メニューも多彩で料金もリーズナブルなのでまた寄ってみたいお店なのだが、如何せん小心者の俺にはなかなか敷居が高いwww





KC4F0717.jpg

此度食べた料理は肉料理中心だったが、謳いにある通りちゃんと "おだし" が効いていて独特の風味がなかなか美味しい。どちらかというと "洋" の食材に、工夫を凝らした "和" のテイストを融合させたこれらの料理はある種、創作料理とも言えるのかな。

いずれにしてもまた食べに行ってみたいので、まずは8割以上の「和食女子」の中に入って行けるだけの強いメンタル作りから始めなければ!www










KC4F0716.jpg

【Japanese Dining にの】
愛媛県松山市三番町4-11-3 内海ビル1F
TEL 050-5570-1786 (予約専用番号)
TEL 089-934-0200 (問合せ専用番号)
営業時間 : 11:30~14:30 / 18:00~22:30
定休日 : 日曜日










にのダイニングバー / 市役所前駅県庁前駅南堀端駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

コメント

非公開コメント

まいろです!

オイラもオジサンだけど行ってみたいっすー!

にの と言えば、、
嵐は二宮君が好きです。(^_^;)

>おーちゃんさん

まぃどです~♪

出来れば・・・、ご婦人同伴が望ましい(オトコ側の精神衛生上www)ですが、無理なら私が付き合いましょうか? なんちゃってwww

『にの』 と言えば、私は二の二の天和が思い浮かびましたよwww
麻雀放浪記は名作ですよね~♪

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。