創業昭和五拾九年 めし亭酒房 SAKAIたちばな

グルメ
11 /25 2015
KC4F0790.jpg

南海電鉄本線-南海難波駅を降りてスグの、なんばCITY南館に在る「めし亭酒房 SAKAIたちばな」さんへ行ってきた。

もちろん此度が初見参。

こちらはお昼にはランチも提供している居酒屋さんである。口コミサイトなどによるとお昼のランチも大人気のようだから、おのずと夜も期待"大"ってことだ♪





KC4F0797.jpg

店内は厨房を囲むようにカウンターがあり、その後ろにボックス席が鏤められているという収容効率のよい配置となっている。そしてご覧のとおりの満員御礼! こちらの人気ぶりがうかがえる。

もちろん、そんな人気の理由は料理がウマいからに他ならない。

そんな料理を掻い摘んでご紹介―――。





KC4F0791.jpg

本マグロ三種盛。

紛うことなきこちらの人気メニューでしょうな。まあこの肉厚な中トロと赤身が見たまんまの食べ応えでスゴイ得した感である。





KC4F0792.jpg

コロッケ。

これはこちらの名物だそうである。コロッケの中の具は肉じゃが・ほうれん草・豆乳・明太子の4種類から選べるようになっている。此度は肉じゃがを選択。肉の存在感と肉じゃがの甘みが相まってかれこれ美味しい。さすが名物と謳うだけのことはある一品。





KC4F0793.jpg

牛串カツ五本盛。

大阪の串カツはもう全国区だよね。辛子のアクセントが食指を煽る見たまんまの美味しさ。





KC4F0794.jpg

牛スジ土手焼き。

これも思ったとおりの美味しさ。っつうか、これのマズい店を探すほうがしんどいだろってくらいの定番料理。





KC4F0795.jpg

いか焼き。

シンプルでどこか懐かしい感じのするお味。豚肉を使ったとんぺい焼きと似てるのかな。発祥は大阪のような気がする料理である。





どれも目新しいものではないメニューを選んで食べたが、そのどれもが素材の良さと基本に忠実に丁寧な仕事が光る料理群だった。南海電鉄本線-南海難波駅を降りてスグという地の利もあるので、こちらの栄耀栄華はまだまだ続きそうだ。

また大阪に行ったら食べに来たいね♪










KC4F0789.jpg

【めし亭酒房 SAKAIたちばな】
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY南館 1F
TEL 06-6644-2890
営業時間 : 11:00~14:00 / 17:00~23:00
土・日 11:00~15:00 / 16:30~23:00
定休日 : なんばCITY準拠










佐海たちばな居酒屋 / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅大阪難波駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

コメント

非公開コメント

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。