大阪天満3軒目「天満酒蔵」

グルメ
06 /15 2016
KC4F0083.jpg

大阪天満のはしご酒3軒目はこの界隈で老舗中の老舗「天満酒蔵」さん。暖簾と金看板の存在感がハンパない、大阪天満に来たら押さえておくべきお店のひとつだろう。

このお店ももれなく午前中から飲めるまさに呑兵衛ご用達の居酒屋で、開店は11:00から。店を開けるや否や昼めしがてらの大阪のおっちゃんで店内が溢れかえっていそうだねwww





KC4F0078.jpg

俺がお邪魔したのはまだ夕暮れ前だったんだけど店内はこんな感じ。常時ほぼ満席で客の回転も速くて活気あり過ぎwww

まだ外が明るい日中からこの空間にどっぷり浸れるのはなんて幸せなことかと思わせてくれること請け合いである。店内の喧騒に負けず、よく通る声で唄うようにオーダーを通す店員さんの声も心地よい、ここ大阪天満にはなくてはならないであろう大御所居酒屋だ。





KC4F0075.jpg

きずし(200円)

厳密にいうと違うみたいだけど、これはいわゆる「しめさば」。普段はあまり食さない料理だけど、店の雰囲気に圧されて食べてみたらこれが結構イケる。思いのほか美味しくてワロタwww





KC4F0080.jpg

さば塩焼(200円)

食卓にはちょいちょい上ってくるけど、外食では滅多に食べない料理だが、これも店の雰囲気に誘導されて注文入れた感じwww





KC4F0077_20160615104545863.jpg

ホルモン焼(450円)

ホルモンってなんとなく大阪ってイメージがして、気が付いたら自然に注文してたって感じwww





KC4F0082.jpg

限定っちゅうことで一杯飲んでみた「天満酒蔵ハイボール」。これはレモンチューハイとウイスキー(ブラックニッカ)をブレンドしたハイボールで俺にはちょっと甘かった。俺は甘い酒は苦手なのに『もしかしたら甘くないかも』と思った俺が甘かったwww





活気もあって安くて旨くて、これぞ大阪天満って感じのお店でじゅうぶん満喫させていただいた。このお店に限らず、この街はごった返した中で熱気にまみれて飲むのが正しい楽しみ方だろう。また来よう。

つくづく・・・、地元にもこんな店ほしいわーーー!










KC4F0079_201606151045482dc.jpg

【天満酒蔵 (てんまさかぐら)】
大阪府大阪市北区天神橋5-7-28
TEL 050-5890-9622(予約) / 06-6353-3792(問合わせ)
営業時間 : 11:00~23:00
定休日 : 不定休(月4回)










天満酒蔵居酒屋 / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

非公開コメント

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。