笑喜喜と泥亀

グルメ
07 /28 2017
KC4F0640.jpg

リアル・サーファーおじさんに連れてってもらった「笑喜喜」さん。

松山にはまだまだディープなお店がたくさんあるんだなというのが最初の感想www

ここは居酒屋であり中華料理屋でありライブハウスでありショットバーでありダイニングバーであり・・・という、いわゆるなんでもアリなお店である。聞くところによると、根強いファンがいっぱいいる知る人ぞ知る有名店のようだ。俺は齢五十にして知らなかった。俺もまだまだだな。

しかしまあ、遅れ馳せながらも初見参が叶い良かった良かった♪

店内、カウンターの上にはところ狭しとばかりに「泥亀」の瓶が並んでいる。この焼酎、白いラベルが芋で黒いラベルが麦になっている。麦派の俺は黒い方をいただいた。うん、口当たりの良いとても飲みやすい焼酎ですな。





KC4F0642_201707281046446f3.jpg

このお皿に、これでもか!と盛られているこちらが突出し。ご覧のように立派な刺身やカニまで乗っかってて、これで採算取れるの?と、こっちが心配になるくらいのボリュームwww

こちらのマスターは本当にサービス精神旺盛な御仁です。





KC4F0644_201707281046463dd.jpg

そしてこれは、余りにも美味し過ぎて思わずピントがボケてしまった鶏唐揚www

この唐揚はマジ美味い。まさしく中華料理の本流をいく本物の唐揚。これは一度は食べておくべき逸品ですぞ!





店内はまあまあごちゃついているけど、美味しい料理にマスターのキャラクターが相まって不思議と落ち着くお店だった。根強いファンがいるってのも頷けるな。

また聞くところによると、草木も眠る丑三つ時に、なにやら泥亀パーティとかいう怪しい宴会が夜な夜な行われているらしい。一度参加してみたいものだが、こんな深夜はもうお寝むの時間なので俺には厳しいなあ。ということで、ここは若い明智君のレポートに期待するとしよう。そうしようwww










KC4F0638.jpg

【笑喜喜 (ショウキキ)】
愛媛県松山市三番町1丁目13-8 藤村ビル1F
TEL 089-945-0747
営業時間 : 20:00~ 5:00
定休日 : 日曜日










笑喜喜ダイニングバー / 勝山町駅大街道駅警察署前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

コメント

非公開コメント

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。