スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトルネック奏法

音楽
03 /11 2011

「赤ちょうちん」で使ったボトルネック奏法。

スライド奏法ともいい、ギターの絃の上でバーを滑らせて演奏するブルースの技なのだよ、明智君。

スライドさせるバーを、バーボンの酒瓶の首の部分を切り取って作ったことからそう呼ばれるようになった。ガラス製も金属製もある。俺らがギター弾き始めの頃は100円ライターでやったりしてたな。

ブルースではよく登場するんだろうけど、俺ら世代で馴染みがあるのはやっぱりかぐや姫の「赤ちょうちん」だろ。





先日の「赤ちょうちん」プロトタイプを聴いてて、ボトルネックの音色にリバーヴをかけたほうがええんちゃうん?とか考えてたのでちょっと語っておこうかなと思った次第。


bottle_neck.jpg










コメント

非公開コメント

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。