北海道らーめん奥原流 久楽

グルメ
06 /02 2011

R11号線にある「北海道らーめん奥原流 久楽」さんへ行ってきた。ここは以前、同じ北海道ラーメンの"味の時計台"ってお店があった場所です。この久楽さんもどうやら全国展開してるFC店のようですね。

「伝統の味」っていうのと、「匠の味」っていう二つの路線があるようです。今回は「伝統の味 醤油らーめん」にしてみました。ちなみに一緒に行ったO先生は「匠 味噌らーめん」にしてたよ。





110601_1322~01
伝統の味 醤油らーめん (730円)



スープはかなり濃厚な色合いで醤油ラーメンに見えないくらいです。これは分離してるからなのかな・・、中のほうはちゃんと濃口醤油らしく黒っぽい色合いになっていました。背脂もほどよく浮んでいてこってり感があります。麺は黄色の縮れ麺でよくスープに絡んでいい感じでした。具材は煮タマゴ、白ネギ、大ぶりのチャーシュー、メンマに海苔で、見た目も賑やかで食指を十分そそってくれます。それぞれ美味しかったんですけど、せっかくの海苔が最初から沈んでいたのは残念でした。





この「伝統の味 醤油らーめん」の味は俺好みでかなり気に入りました♪。他にも食べてみたいラーメンもあって、是非リピートしたいところなんですが・・・・・、如何せん店員さんの態度がねぇ・・。暇だったのもあるんでしょうけど、フロアにいた女性店員さんがこちらをチラチラ見てもう一人とヒソヒソ。わざわざ大きく振り返ってジロジロ見られたり、横を通る時に上から目線で見られたりで不愉快極まりなかったです。食べ物屋さんなので味はもちろん重要ですが、店員さんの接客態度、接遇スキルも考えないと厳しいと思います。

それと、値段設定がちょっと厳しいですかね。デフォルトで730円というのは郊外型ラーメン屋さんとしては高いほうだと思います。一緒に行ったO先生はこの日たまたま財布に779円しか入ってなかったのに『こんだけあれば大丈夫だろ』とタカをくくって「匠 味噌らーめん」を頼んだら、O先生の想定の範囲外で780円だったもんだからさあ大変!(笑) というような、ウソのようなホントの話もあるくらいです。※これは実話です(爆)

店員さん方も普段はきちんとした対応や接客をされていると思います。俺らが行った時は"たまたま"だったんだと思います。次に行く時は、この"たまたま"に当たりませんように・・・。宝くじは当たらないくせに、こんな"たまたま"はよく当たるんだよな(笑)










110601_1310~01

【北海道らーめん奥原流 久楽 松山北久米店】
愛媛県松山市北久米町708-2
TEL 089-990-3611
営業時間 : 11:00~0:00
年中無休










北海道らーめん奥原流 久楽 松山北久米店ラーメン / 福音寺駅北久米駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0

コメント

非公開コメント

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。