「そばや玄」で、もりそば "かさね" を食べてきた

グルメ
09 /12 2011

愛媛の山岡士郎こと(笑)"N師匠"と行く 「えひめ・俺たちの食べ(旅)」 第6弾は、「そばや玄」さんへ行ってきた。ここんとこ、メタボ一直線な店にばかり行ってるので、お腹休めに意味もかねてあっさりお蕎麦を♪という訳だw

実際、N師匠と食べ歩きはじめて確実に太った。ベルトの穴の位置がひとつ変わってしまったよ(^^;





110901_1146~01

110901_1137~01

今回は"もりそば"を食べることにした。お互い「痩せなきゃ!」などと言っていた舌の根も乾かぬうちに"かさね(もり二枚)"を注文するあたり・・・、やはりN師匠とは気が合うな(笑)

でも、事前にN師匠が「ここは量は少ない」と言っていたとおりで、もりそば1枚ではぜんぜん足りなかったので結果オーライである。





しかも・・・・・、





110901_1139~01

すかさず天丼をセットしてしまうあたり・・・、やはりN師匠とは気が合うな(爆)。

ちなみに、天丼をセットする場合はお蕎麦の値段に300円プラスになります。この天丼、天つゆは優しい味で美味しかったですが、ご飯は若干柔らかめというか立ってないというか・・・、ちょっと苦手な硬さと粘度で俺的には残念でした。

ここ玄さんの"二八のもりそば"は1枚700円。で、"かさね"にすると900円という値段設定。900円で2枚なので1枚あたり450円と、かさねたらかなりお得♪なんだけど、なんか値段設定に少し違和感を覚えました。

お蕎麦はちゃんと美味しいお蕎麦でしたが、やはり量が圧倒的に少ないですね。注文時には、"かさね"に天丼をセットしたもんで「またメタボ一直線かぁ?(^^;」と思ったけど余裕でいけましたね。さすがN師匠(^^)

量が少ないといえば、そばつゆの量も少なかったです、かなり。多分1枚でもかさねでも同じ量なんでしょうけど、食べ終わった時はそば湯も飲めない位なくなっていました。やっぱり後で飲むそば湯も楽しみのひとつですからね、この辺のところも配慮してくれたら嬉しいですね。

美味しいおそばを提供してくれるお店でしたが、俺ら庶民にとっては昼食に1,000円超えの値段はちと厳しいですな。





そんなこんなで、"N師匠"と行く「えひめ・俺たちの食べ(旅)」は更に深みに嵌っていくのであったw ・・・・・つづく。










110901_1128~01

【そばや玄】
愛媛県松山市東長戸1-8-9
TEL 089-925-0177
営業時間 : 11:30~15:00 / 金・土・日・祝日のみ夜営業 17:30~20:00
定休日 : 月曜日・第3火曜日










そばや玄 そば(蕎麦) / 木屋町駅本町6丁目駅萱町6丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメント

非公開コメント

信州信濃の新そばよりも・・

やはり軽めの昼食をと思っても、僕らには無理なようですね。とにかくセットものに弱い・・。必ずと言っていいほど頼んでしまいますねぇ。
ま、それだけ若いということで、今は諦めましょう(笑)
浅草の有名なそばやさんに行った時も、もりは底が見えるほど。
やはり量は少なかったのを覚えています。これが「通」なんでしょうが、やはり「そば吉」に慣れ親しんだ我々には多少の違和感を感じるようです。
あと10年くらいたてば玄さんで板わさとそばがきを食べながら、日本酒を飲めるような、落ち着いた人間になりたいものです。
それまではセットもの、大盛りで胃腸に刺激を与えましょうや。

わたしゃ貴方のそばが良い

ガッツリ食べたい時に蕎麦屋をチョイスすること自体が間違ってるんですねー。
蕎麦屋で一杯飲め出したらイッパシなんですね、なるほどなるほど!
まだまだ修行が足りませんな・・・(^^;
これからもN師匠について行きますのでw、今後ともご指導ご鞭撻をお願いちまつり。

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。