愛媛県にない、「餃子の王将」へ行ってきたwww

グルメ
01 /10 2012

毎年、1年の垢を落としに年末は何処かしら温泉地に出かけるんだけど、昨年末は淡路島の洲本温泉へ行っってきた。

瀬戸大橋を渡り、兵庫県で用事を済ませてから明石大橋を渡って淡路入りするという行程。淡路島に行くのに片道で2回も橋を渡るとは、なんという贅沢なんだ~って言いたいところだが『1年間お疲れさんでした~』って会だから・・・、ま いっか♪

その道すがら、国道2号線沿いで見つけた「餃子の王将」の姫路南条店さんへ寄ってみた。愛媛県松山市には「大阪王将」はあるんだけど、何故だか「餃子の王将」はないんだよな。ってことで関西の人にはお馴染みでも、愛媛県人にはレアなお店だったりするんだよねーwww





111230_0007.jpg


111230_0006.jpg

「餃子の王将」へ来たらやっぱ餃子を食べなきゃ始まらないだろ!ってことで餃子。

見た目は割と大ぶりな餃子で、中には具がギッシリと詰まっています。味も"こなれた"とでも言いましょうか・・・、味付けから皮のパリパリ感から具の量まで、すべてにおいてバランスがいい餃子です。流石「餃子の王将」といったところでしょうか。





メニューに『人気商品!』とあった天津飯セット(790円)も注文しました。こちらは天津飯とミニラーメン、焼売に鶏唐揚とサラダがセットになっています。

111230_0004.jpg

天津飯は人気商品と謳っているだけあって、俺的には若干"餡"が濃く感じたものの、それでもかなりの美味しさです。量もセットということを加味すればちょうどいい塩梅でした。


111230_0003.jpg

セットの主役No.2のミニラーメンは、普通の中華料理店で出されるラーメンと同じ系統の味です。味は普通なんですが、特筆すべきはチャーシュー。このチャーシューはとろとろで味もしっかりついてて美味しかった。ラーメン専門店のそれに引けを取らない立派なチャーシューでした。


111230_0001.jpg

メニューに一品とあるけど、これって二品じゃね?www 焼売も鶏唐揚も中華料理店らしいちゃんとした美味しさでした。さすが有名全国チェーン店! どんな料理も外さないですねー。


111230_0002.jpg

サラダもオマケのようなもんかと思いきや、ちゃんと海老が乗っかってたりしてますよ♪

味も量も、人気商品との謳い文句に文句がつけられない天津飯セットでしたwww 「餃子の王将」さんに限らず、中華の全国チェーン店のセットものは極端なハズレがあまりないですね。そんな安心感も全国チェーンの、全国チェーンたる所以なのかもしれませんね。





111230_0010.jpg


111230_0008.jpg

炒飯の写真は、写り具合が悪くて美味しく見えないかもしれませんが、ちゃんと美味しかったですよ。具材のバランスも良くて、味の濃さにしてもお米のパラツキ具合にしても申し分なかったです。





111230_0009.jpg

鶏唐揚も、日本全国どこの誰にも『マズい!』と言わせない、バランスの良い普通に美味しい唐揚です。

総じて、料理以外でもオペレーションもしっかりしていて不快な思いをすることもなく、スタッフもテキパキ動けているし料理が出てくるのも早いということで、さすが全国区のお店だなと感服いたしました。

愛媛県にもあればいいのにネ(^^)










111230_0012.jpg

【餃子の王将 姫路南条店】
兵庫県姫路市南条2-11
TEL 079-289-9088
営業時間 : 11:00~22:30
年中無休










餃子の王将 姫路南条店中華料理 / 亀山駅手柄駅飾磨駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメント

非公開コメント

ホント何故でしょう(?_?)

『餃子の王将』、愛媛には来ませんねぇ。
ただ『大阪王将』は二度と行きたいレベルの味でした。
余所様のブログなんで、ハッキリ言っちゃいますが(←え)
愛媛には要らない店です。。。(´;ω;`)

ふたつの王将・・・

『餃子の王将』と『大阪王将』、なんか因縁がありそうですね。
大阪人なら知ってるのかな?

ジンゴズンゴさんの意見、私も支持しますwww

遅ればせながら

乱 駆郎様
「餃子の王将」と「大阪王将」の話が出ているのを見かけましたので一言。(遅ればせながら)

「餃子の王将」(本部は京都)が元祖で、後に社長の親族が始めたのが「大阪王将」です。
裁判で骨肉の争いをしましたが、軍配があがったのは、当然と言えば当然ですが、元祖の「餃子の王将」さんです。それ以降、「大阪王将」は「餃子の王将」とは名乗れなくなりました。

また、店舗のオペレーションシステムが基本的に違っています。「大阪王将」は、完全なフランチャイズチェーン方式で、地域で手を上げた人に「大阪王将」の名前を使って営業できる権利を売っています。ですから、現地で経営している方は、地方の投資家タイプが多いのではないかと思いますが、基本的には中華料理店運営は素人です。(もちろん、運営のプロの方もいらっしゃると思いますが)

一方、「餃子の王将」は、地域本部制でを取っていますが、出店するかどうかの判断は全て本社の社長の判断です。また出店する場合は、料理人は自前の人材を派遣しますので、運営の、そして調理のプロが店を運営します。

なお、味の比較は並べてしたことがないのでコメントを控えます。もちろん両方とも食べましたから、それなりの感想は持っていますが。松山進出があれば、その時には違いを明確に出来ると思います。

>じゅんさん

Deepな情報ありがとうございます。
なるほどですね。
そういった経緯があり、そういった運営方法の違いやオペレーションの違いがあるんですね。
ジンゴズンゴさんの愛媛にいらないっていう言葉が、今更ながらよぉく分かります。
名前は似ていても中身はぜんぜん違うんですね。

先日、生涯二度目の大阪王将に行ってきました。
今回聴かせていただいたことなど、色々踏まえてレビューを書きたいと思います。

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。