兵庫県 淡路島 洲本温泉

旅行記
01 /11 2012
111231_1106.jpg

恒例の年末温泉垢落とし、2011年は兵庫県淡路島の洲本温泉に行ってきた。

明石海峡大橋を渡り、島に上陸したら高速を降りて下道をぶらぶら走りながら洲本温泉を目指す。





111230_1014.jpg

今回利用した温泉宿は「夢海游 淡路島」というところ。こちらは予約の段階から対応が良かったが、それに違わず現場の接遇も非常に心地よかった。

クルマを敷地に乗りいれた時点からサービスが始まるのを熟知しているのだろう、クルマの誘導も丁寧で好感が持てるし、チェックインもスムーズ。館内は清掃が行き届いており清潔感があって良。部屋係の仲居さんの館内誘導もイイ感じだった。結構若い女の子だったがなかなかやるじゃないかwww





111230_1012.jpg


111230_1016.jpg

こちらの温泉は浴場の種類・数も多かったので十二分に温泉を満喫できたよ♪ 泉質は三熊山の麓より湧き出る"単純弱ラドン泉"とのことで、その湯を大浴場から始まって露天風呂、薬湯など次々に浸かりまくってたっぷり堪能したぜ!まさに、1年分の垢落としには最適な温泉だった♪♪

お湯も良かったんだが、バスタオルを各浴場に備え付けてあったのが有難かった。たくさん浴場を廻るのに、濡れたバスタオルで拭くのはあまり気持ちの良いもんじゃないからね。小さな事だが大きな気遣いだな♪





111230_1010.jpg

温泉を堪能した後はお待ちかねの食事たいむ。今回は"ふぐ三昧"でいってみたぜ! ふぐといえば下関だが、実はここ淡路島も「淡路島3年とらふぐ」っちゅうのがいて、俺は情弱で知らなかったけど結構有名なんだそうな。

実際この「淡路島3年とらふぐ」とやらを食べてみたら・・・、こりゃ旨いわwww めちゃんこ身が締まってて噛み応えは最高。噛むたびに旨味がぎゅっと口に広がるんだよ。マジうま♪





111230_1008.jpg
前菜小鉢。明石鯛の混布〆、明石のタコの甘露煮も美味し♪



111230_1009.jpg
食前酒のふぐのひれ酒。旨味成分たっぷりで美味いことこの上なし。1杯じゃ足りんなwww



111230_1007.jpg
"ふぐ三昧"のメインといえば・・・、やはりこのてっさでしょ。旨味も歯応えも文句なし最高♪



111230_1006.jpg
このふぐの唐揚も堪らんな、美味過ぎw 唐揚という調理方法の食材としては最高峰だね、間違いない!



111230_1004.jpg
言わずもがなのてっちり。何も言いません言えません(笑)。今回は柚子ポン酢でいただきました♪



111230_1003.jpg
てっちりの後のふぐ雑炊がなんでこんなに美味いのか知ってる人は教えて下さい(笑)



111230_1001.jpg
マジで堪りませんな。結構な量があったのに、一瞬でぺロリとなくなったわwww



111230_1002.jpg
最後、お口直しのデザート。ミントの香りで口の中がスッキリした♪

以上、大変満足のいく食事だった。良質の温泉に美味しい食事、清潔感があり快適な館内&客室内、レベルの高い接遇も相まって、近年稀にみる良い垢落としになった。





最後に・・・・・、

子供が洗面台で嘔吐してしまい、心ならずも排水管を詰まらせてしまうという事態を招いた時、汚い作業にもかかわらず嫌な顔ひとつせずに対処してくれた営繕係の方がおられました。爽やかな笑顔で対応してくれたおかげで子供も救われました。本当にありがとうございました。感謝。










111230_1015.jpg

【夢海游 淡路島】
〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-50(大浜海岸)
TEL(0799)22-0203 / FAX(0799)22-5207
公式ホームページ : http://www.yumekaiyu.com/











コメント

非公開コメント

わー、ウラヤマシイ♪

いや、嘔吐がじゃ無いですヨwww
私もそんな素敵な垢落とししてみたーーーい!!!!
てっちり、マジうまそ。。。o(TヘTo) くぅ

一期一会

こちらの温泉宿は大型のハコだったんですけど、ホントに接遇は一級品でしたよ。
淡路・洲本温泉に来たら、この宿にリピートすると思います。
アクシデントがあったから余計かもしれませんけどネ(^^)
いい宿でした~♪

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。