夜の帳の隠れ家「鉄板民家 Kueque」

グルメ
01 /30 2012

現地調達じゃないが・・・、繁華街に出てから『何食べる?』ってな具合で現地でお店を探すとしたら決して見つからないであろう、まさに隠れ家というにふさわしい「鉄板民家 Kueque」さんへ行ってきた。お店は非常に目立たない二階建ての建物の二階にあります。

地味な鉄扉の入り口を開けると、目の前はいきなり急な階段(笑)。鉄板民家というその名の通り、以前は民家だったんだろうなと思わせる佇まいです。靴を脱いで二階に上がると仕切られた部屋がいくつもあります。すべて畳敷きで、座布団に座る部屋とテーブルと椅子の部屋が用意されています。





120113_1828~01

こちらのメニューは極めてシンプル。ステーキがメインの牛鉄(ぎゅうてつ)、軍鶏焼きがメインの軍鶏鉄(しゃもてつ)、鮭のちゃんちゃん焼きがメインの魚鉄(うおてつ)の三種類だけです。このそれぞれのメインにサラダ・ドでかいメンチカツ・貝盛合せバター・雑炊がついて各々2,500円というお値段!

これ、実際に行けば分かりますがめちゃくちゃCP高いです。このボリュームでこの値段はちょっと尊敬に値すると思います。あまりにも嬉しかったもんで間髪いれずに2回も行ってしまいましたわwww





120118_2008~01


120118_2009~01


120113_1836~02

目の前で大きなステーキを焼いて切ってと、垂涎もののパフォーマンスを見せてくれるのも美味しさに輪をかけますね。またこのニンニクが堪らんです♪ 下味は塩コショウで、焼き始めたらブランデーをぶっかけて味を整えたらワサビか柚子胡椒お好みでいただきます(^^)。もちろん、何もつけなくても十分美味しいです。





120113_1827~01

サラダもゴマ油の風味が効いてて美味しい。お肉料理に良く合ってて脂っぽくなる口直しにもいい感じです。





120113_1853~01


120113_1853~02

このでっかいメンチカツも主役張ってます。衣はサクサク、中はジューシーで堪りませんわ。噛むたびに肉汁が口中にほとばしってマジ旨です。そして周りのキャベツ! これがまた主役を引き立てるんだよね(^^)
最初は瑞々しくシャクシャクっとした食感なんだけど、熱が通って萎れてきてからが真骨頂。肉汁も吸いこんでてこれまた美味いんです。肉汁を逃がさないようにメンチカツの周りをガードしているの見たら、食べる前に美味いって分かるけどねwww





120118_2008~02

軍鶏鉄がこちら。鶏のコクがもの凄いことになっています。歯応えも申し分なく、噛みしめる度に旨味がぎゅっぎゅ~と出てきます。野性味溢れるしっかりとした味付けは、俺的にはステーキを超えてますね。香ばしく焼けた皮とジューシーな身のコンビネーションは脳裏に焼きつきますよ(^^)





120118_2050~01


120113_1933~01


120113_1934~02

あさりバターの貝盛合せ版ともいうべき一皿です。これをペロリとたいらげたら、残り汁を使った雑炊のお出ましです。いろんな種類の貝の旨味が溢れていて優しい味付けの雑炊でした。あっさりとした味なので、欲を言えばもう少し量があれば申し分なしなんですけどね。

ということで、余すことなく完食でした!

ここ「鉄板民家 Kueque」さんは飲み物も安く提供されていてとても好意的です。生ビールなどの注文以外でも、部屋に缶の発泡酒やチューハイ、ソフトドリンクも用意されていて、安心して飲むことができます。缶類をそのまま用意しているお店って珍しいと思いますよ。

本当に誰かの家で食べているような錯覚をするくらい、昭和の匂いぷんぷんの安らぐお店でした。





余談だが・・・・・、

お店の名前「Kueque」と聞いて、嗚呼!花の応援団の青田赤道を思い出したのは俺だけか?

君も思い出したんじゃないのかね明智君。ちょんわちょんわーwww










120113_1823~01

【鉄板民家 Kueque】
愛媛県松山市二番町1丁目5-1
TEL 089-945-4377
営業時間 : 19:00~24:00(ラストオーダー/22:00)
定休日 : 日曜日










鉄板民家 Kuequeバーベキュー / 勝山町駅大街道駅警察署前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

非公開コメント

No title

私も青田赤道だと思いました。
というか青田赤道だったら面白いなと思いますが、たぶん「食え食え」っていう洒落なんですかねえ。
大体の場所は把握しましたのでぜひ一度行ってみたいです。

>ファットマンさん

青田赤道に反応していただいてありがとうございました~♪
最近の若い人は知らないでしょうねぇ、『クエックエックエ~ッ!』とかwww

ここは気取らず肩肘張らず食べられるのでいい感じですよ。
是非気の合う仲間と行ってみて下さい(^^)

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。