久留米とんこつしぼり?

グルメ
02 /09 2012
120125_1152~01

大街道商店街のど真ん中にある「満州屋が一番 松山大街道店」さんへ行ってきた。久留米ラーメン大好き人間の俺としては、看板に"久留米とんこつ"と書かれた日にゃあ、行かにゃなるまいてwww

お昼前に現着し、中へ入るとそこには食券機が鎮座。先客の女性二人組が食券機の前で料理を選び中でした。客はこの女性らと俺らの二組だけのようです。





120125_1151~01

平日のこの時間帯、松山中心のアーケード商店街のお昼時がどんな状況かよく知らないけど、お客さんが居ないとちょっぴり不安になりますね。で、そんな不安は結構当たったりするんだよなこれがまた!www

店内の設えは雰囲気があってなかなかイイ感じでした。壁に大きな口上を掲げているのも今風かな。





120125_1157~01

今回は「復刻ラーメン」というのを注文しました。とんこつラーメン発祥の地・久留米の、これまた元祖・屋台の味を完全復刻しているというラーメンです。お値段は600円とわりと安め。

復刻というだけあってとてもシンプルなラーメンです。具材はネギとチャーシューで、味で勝負!と語りかけてくるようなビジュアルで好感と期待感が持てますね。

そんな期待感をもって実食してみたんですが・・・、残念なことにまず匂いが久留米じゃないです。苦手な人は苦手だが好きな人は病みつくという"あの"とんこつ臭がまったくしません。これはちょっと拍子抜けしてしまいました。万人受けを狙っている・・・とでもいいたいんでしょうが、お店に「久留米」と冠している以上、ちゃんと久留米ラーメンを踏襲したものにしてもらわなければ残念からげますね。

匂いを抑えた久留米ラーメンですから、もちろん味も言わずもがなで"コク"が足りず味の薄さと物足りなさが引き立ってしまい、せっかくシンプルなフォルムにしているのに逆効果になっていると思います。もちろん、これがイイ!とおっしゃるお客さんもいると思いますのでこれは俺の私見ですが残念です。





120125_1155~01

こちらは焼きめしです。200円追加、しめて800円で「復刻ラーメン焼き飯セット」になるというので、空前の久留米焼きめしブームを知っているだけに当然のようにセットしましたwww

この焼きめしも復刻ラーメンのように、具材はネギと少量のたまごのみというとてもシンプルな焼きめしです。ちょっとお米の粘り気が強いのかモチモチとした食感で、パラパラ感も大事な要素の焼きめしとしてはどうなのかな?といった感じです。味も薄めで具材のシンプルさも手伝って、後半は食べるのがしんどくなりましたね。

万人受けを狙うのも悪くないと思いますが、狙い過ぎて本来の久留米ラーメンをはじめとする久留米B級グルメの良さを殺してしまっては本末転倒じゃないかと思います。ちょうどお昼時の来客状況を見れば一目瞭然ですね。

もっと思い切って大胆に久留米らしさを出した方が、「久留米」という看板を見て来店したお客さん方は俺らをはじめとして、きっと喜ぶと思いますよ。是非是非がんばって下さい!!










120125_1146~01

【満州屋が一番 松山大街道店』
愛媛県松山市大街道2-3-11
TEL 089-989-1337










満州屋が一番 松山大街道店ラーメン / 大街道駅県庁前駅市役所前駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

コメント

非公開コメント

味覚は楽し

乱 駆郎様
本当に、つくづくと、そしてシミジミと思いました。
「味覚は楽し!」そして「味覚は深し!」と。

「久留米ラーメン」に初めて出会って、昨年9月1日121号で「久留米とんこつ松山分校」をアップしました。その時は、あの豚骨の「獣臭」はこのお店独特のものではないかと思いました。とてもワタシには食べられないと。

次に今治で偶然「久留米ラーメン光屋」(10月3日141号)さんを見かけ、「松山分校」さんの味が特別だと言うことを確かめる為に入って食べました。ところが、ところがです。同じだったのです。ショックでした。ワタシの見聞の乏しさに愕然としたのです。

そこで、「豚骨ラーメン」について調べました。その結果、一つの仮説を立てました。「豚骨」→「一般化」の道を。
先ず「久留米ラーメン」は熊本に伝播したのではないか?と。

そこで「味千拉麺朝生田店」(10月4日142号)を訪ね、あの「獣臭」をどう軟化させたかを考えました。

次に、「熊本」から「博多」に伝播しいたのではないかと考え「ラーメン一興久万ノ台店」(10月5日143号)を訪ねました。
仮説が正しかったのかどうかは分かりませんが、中々に楽しい旅になりました。

最後に「海鮮とんこつ屋」(10月6日144号)さんを訪ねて、この味の旅を一応終えたと言う経過があります。

味を追っかけ、想像を巡らせながら旅する楽しさを学びました。

乱 駆郎さんの本日の記事を拝見し、以前の「味の旅」を思い出した次第です。長々と書き連ね、失礼しました。

>じゅんさん

コメントありがとうございます。

改めて、じゅんさんの『豚骨ラーメン味旅』を拝見させていただきました。
内容の濃い、素晴らしい連載でした。
じゅんさんのブログを読ませていただくと、弊ブログの薄っぺらさを再認識して恥ずかしくなります(^^;

松山において、「とんこつラーメン」が市民権を得るにあたっての立役者が博多ラーメンの雄、一興さんであるというのはよく言われるところです。
その博多ラーメンを食べて「とんこつラーメン」が好きになって、どんどん「とんこつ」にハマって、食べやすい「とんこつラーメン」が物足りなくなって、逆行するように"クセ"を求めて辿り着いたのが久留米ラーメンだった・・・、というのが私ですね(^^)

本場・久留米のフードブロガーさん方のレビュー等よく読んでいますので、特に私の場合は久留米ラーメンに対してある種"慕情"のような感情があるのかもしれませんね。
近々、実際に久留米市に出向いて、体から獣臭が漂うくらい久留米ラーメンを食べまくるのが今の小さな目標だったりしますwww

あぁ、また分校に行きたくなってきたwww

逆の道

乱 駆郎様
久留米ラーメン(獣臭)→一般化の道とは全く逆の道を遡られたとは、驚嘆です。
川下から川上を目指し、奥山を踏み分けて源流にさかのぼる。

山裾からチロチロ流れ出る山水にこそ、純粋なルーツがある。
川下へ下れば下るほど、余計なものが混ざり合って、源流の芯を歪めてしまうことに。

そうですよねー、そういうアプローチも当然ありですよね。
そして、あの「獣臭」にまみれ浸ってみたい・・・・
味の道は置くが深いですね。

>じゅんさん

おはようございます。

素晴らしい表現のコメントありがとうございます(^^)
私はボキャブラリーも貧困で、たいした文章も書けないものですから憧れますよ♪

おっしゃっていただいたような格好良いもんじゃないんですが、一般受けする"とんこつ"の物足りなさを埋めて行ったら久留米に辿り着いただけなんですよね。
松山分校や今治の光屋さんのラーメンは、匂いから純粋に好きです。

もう・・・、とんこつラーメンに関しては久留米市へ出向かなきゃ収まりがつかなくなってます(笑)

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。