シルバーゲーマー

ゲーム
02 /10 2012
biolikemen.jpg

加山雄三さんと鈴木史朗さんといえば、もうそろそろ喜寿を迎えようかという芸能界の御大だが、

加山雄三さんと鈴木史朗さんといえば、芸能界きっての"バイオハザード通"として知られているよな。

なんでも・・・、バイオハザードをやらせたら、相当の腕前らしい。スゴいね!

『ゲームなんて子供の遊びだろ!』というイメージが強いと思うが、このお二人を見ていたらそんなことは言えないだろ。まさに俺たちの鏡だね♪

俺もアラフィー世代なんだけど、この歳でゲームってなかなか声を大にして言えないもんなんだよね。そんな俺たちの救世主様のような存在だね、このお二人はwww

自分たちのことをシルバーゲーマーときっぱり言うあたり、カッコイイよなぁ(^^)





biolikemen2.jpg

このお二人、インタビューで『まだ未体験の人に「バイオハザード」をお薦めするとしたら……。』と聞かれた時の回答がこちら。加山△。鈴木△。(←これ、ちゃんと読めないとヤバいらしいよwww)



【鈴木さん】
『バイオハザード』は人間力のアップに役立つと思います。今の世の中、平和を愛する素晴らしい若者たちであふれていますけど、学校で「今、もしも親や兄弟が危険な状態になったら、どのように助けますか?」と聞いたところ、10人中7人が「逃げる」と答えたんです。僕は物凄くガッカリしましてね。こいつはイカンと。だから『バイオハザード』をやりなさいと言ったんです。恐怖や危機に耐える男の根性、そして男らしさを鍛えるために役立ちます。もちろん女性の方もプレイしていいんですよ。『バイオハザード』は面白いし、恐ろしいし、加山さんがおっしゃった“総毛立つ”ような爽快感も味わっていただける。そう思いますね。

【加山さん】
最近はアウトドア指向からインドア指向に変わってきていて、塩水がベタベタするからとか、砂が足につくからとかいう理由で、19%の人間が海はきらいと言っている。何をバカなことを言ってるんだ、そんなことでは人間として生きていく資格はないぞと。自然の中で生きていく恐ろしさをきちんと知るべきであって、それをわきまえた上で空いた時間にゲームをプレイすると、大自然の中の自分の非力さを知りながら、脳のトレーニングができる。『バイオハザード』をプレイすると、地図や攻略の方法が頭の中にどんどん入っていく。そういう意味では覚えるという訓練になるし、反射神経は間違いなく向上する。トレーニングになるね。もちろん子供の場合は、勉強をする時間とゲームをする時間はきちんとわける。それが大事。そして親も分別とゲームの楽しさを理解してプレイすれば、それが今度は子供との絆になる。だから親もプレイしてほしい。

【鈴木さん】
加山さんがおっしゃったことは、大学のリポートでも証明されているそうです。ゲームが絆を深める、脳の発達にもいい、老人にとっては痴呆症の防止にもなる。僕はそれを読んで元気が出ましたね。ぜひ『バイオハザード』をプレイして、色々な可能性を追求してください。もちろんやらなきゃいけないこととゲームのけじめをつけてね。

【加山さん】
そのうちおばあちゃんでもゲームをプレイするようになるよ(笑)。

【鈴木さん】
ゲームは可能性を広げるものですから、やってみて損はないですよ。それがシルバーゲーマーの我々からの提言です。










よーし! 俺もシルバーゲーマーと呼ばれる歳まで頑張ろ!!明智君、君も頑張りたまえwww

ちなみに・・・、俺はバイオハザードはやってない。だって、夜一人でやると怖いんだもーんwwwwww

biop.jpg

【バイオハザード リベレーションズ】
発売日 : 2012年1月26日
価格 : 5,990円(税込)
プラットフォーム : ニンテンドー3DS
ジャンル : サバイバルホラー
プレイ人数 : 1人(通信プレイ時:2人)
CERO : D(17才以上対象)
通信 : ローカルプレイ、インターネットプレイ、すれちがい通信
周辺機器 : ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド対応
「バイオハザード リベレーションズ」公式サイト : http://www.capcom.co.jp/bhrev/










コメント

非公開コメント

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。