7月から牛レバ刺し禁止だと・・・

グルメ
05 /30 2012

牛レバ刺しってウマいよな~♪

そんな牛レバ刺しが7月から食べられなくなりそうだ。厚生労働省が生の牛レバーの提供を7月1日から禁止する方針を固めやがった。「食品衛生法」の規格基準に、生での提供を禁止する項目を盛り込んで、提供する店には十分加熱するよう義務化、違反したら2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科すんだと。

これってどうなん?

何でもかんでも禁止禁止って、この規制のやり方は違うと思うんだが・・。

去年の4月に起こった焼き肉チェーン店のユッケによる集団食中毒を受けて、生食用の牛肉の提供基準を厳格化するってことだろうけど、これはこのチェーン店の衛生管理・提供方法等に問題があったのであって、生食用の牛肉が悪い訳じゃないんじゃないのか?ユッケにしてもレバ刺しにしても昔から馴染みのある食べ方なわけで、もしこれらが悪いんだったら生食ってのは既に淘汰された食べ方なんじゃねえの?

ってことはだよ、衛生管理や提供方法を厳格化すればエエんとちゃうん?

お亡くなりになった方には大変申し訳ないが、きちんと仕事してるお店だってたくさんあるんだから、こういう危険性のある料理(俺は危険とは思ってないけど)はそういったきちんと仕事する店で食べたらいいだけだろ。

例えばフグ刺し。てっさ。これも危険だろ。肝食べて死んだ人もたくさんいるだろ。でも美味しいから食べたいだろ。だからふぐ調理は免許制にして生き残ったんだろ。これと同じにすりゃイイじゃん!

例えば飲酒。酒飲んでクルマ運転して事故とか今でも茶飯事だろ。酒飲んで人殴って後で『覚えてない』とか、女性を襲うとかも後を絶たないだろ。それなのになんで飲酒は禁止にしないんだ?飲酒運転は厳罰化したけど、本気で無くすのなら飲酒禁止にしたらいいんじゃないの?

タバコだってそうだろ。ここまで喫煙者を虐げるくらいならきっぱり禁止にしろよ。なに中途半端に禁煙だの嫌煙者の権利だのほざいてんの?そんなに世論と税収の狭間で苦しんでんの?www

俺は子供だから、大人の事情や思惑なんざ知ったこっちゃねえよ。あれこれ裏で調整したり辻褄合わせしたりせんと、一貫性を持ったやり方しろや!

って、近所の子供たちが話してるのを聴いたよwww

日本の未来は明るいね♪










120526_1748~01

俺は、此度の規制でレバ刺しがこの世から消えるとは思えないね。これだけ世論調査しても食べたいって人が多い料理、水面下で提供する店は絶対にあると思うよ。しかも相当たくさん・・・。

地下に潜ったらもっと法の網は掛かり辛くなるだろうね。

"天網恢恢疎にして漏らさず"は、こういう場合、当てはまらないねぇ・・・・・。










コメント

非公開コメント

なるほど

乱 駆郎様

ワタシは基本的には「生」から遠ざかりたい人間なので(魚肉であれ獣肉であれ甲殻類であれ)、レバ刺しの禁止に痛痒を感じないほうですが、乱さんが見聞きした子供の意見は「なるほど」と思いました。
中々に正論だと。
そもそも、役所が設ける規制は、自己防衛と自己権益の確保を主な目的とするものだという認識がワタシにはあります。
憲法など、政府を縛るためのものもありますが、各省庁が出す通達(法律ではないけど民間を縛る)や省令や規則。
これらは、規制を強くすればするほど、その規制に対して特例を設けてほしいという人が出て、そこに許認可権限という権益が生まれます。役人は、許認可の権限を握りたい、広げたい、深めたい、それを何時も念頭に於いて行動しています。
何か事故や事件があったときが、国民を縛る規制を設ける最大のチャンスなのです。
犠牲者が出るたびに、お悔やみを言いながら、裏で「チャンス到来!」とほくそ笑んでるかも知れません。

以上の理由で、規制をかけて多くの人や事柄を縛るという方向には注意が必要ですね。
ただし、薬品の規制など、ユーザーの命を守るための規制も一方ではあるので、ワタシは「竹中某」などのように「何でも規制緩和」派の立場に立つものではありません。
ご足労ながら、近隣の子供ちゃんに「おっちゃんも、ソウヤー、賛成ヤー」言いよったとお伝えください。

No title

数年前に若い友人がレバ刺しに当たって病院に行き、お医者さんから「生肉なんか食べるのはアホだ」と説教されましたとぼやいてました。そのときは一緒に病院に行った新婚の奥さんは、実はつわりだったという変なオチがつきましたが。
一方先日のユッケ事件のときには、ユッケなんて何十年も食べられているものなのに、たった一度の事故でなんでここまで言われるんだろうと、少しユッケが気の毒な気もしました。
まあどちらの立場も分かるし難しいところですよね。
ただ「役人は許認可権益を生み出すために新たな規制を設けたがるのだ」というじゅんさんのご指摘は当を得ていると思うとともにちょっとやるせない気持ちになります。食の問題に限らず今の日本はそんなことをしている場合ではないのにと思います。

なんだ。

少々高くても、地下で出回るならオイラは食いますよ!(←アブナイ発言)
でもとりあえず今は正規のものを駆け込みで食べまくりますぜ(≧∇≦*)

>じゅんさん

今回はちょっとお堅い話になってしまいましたが、何でもかんでも目先の事象を場当たり的に処理してるのが一国民として腹立たしいです。木端役人の思惑通りにいいようにされるのも頭に来ますしね。

まあ・・・、文句があるならお前が政治家になれや!って話ですが、そんな才はありませんわ、残念ながらwww

近所の子供らに、『君たちの言う通り!と賛同してくれる大人もいっぱい居るよ♪』と、伝えておきますねwww

>ファットマンさん

私も感じた違和感も、ファットマンさんと同じく『たった一度の事故なのになんでここまで?』ってことです。
この一連の流れを見たら、役人の『よっ!待ってました♪』って声が聞こえてきそうです。

規制をかけたいネタがたくさんあって、それを表に出すタイミングを手ぐすね引いて待ってるようで嫌な感じですね。

おっしゃるとおりです。今の日本、せなあかん事いっぱいあるやろー!って私も思います。

>日向薫平さん

同感です!私も規制かかっても探し求めて食べますね。
地下で出すお店も食べる客も自己責任。信頼できるお店で食べたら何の問題もないと思いますね。

私も6月はレバ刺し食べまくりますよ~♪
生レバ祭りじゃい! (`・ω・´)

追記

乱 駆郎様

追記です。

国の様々な規制について、実は私と国土交通省とのやり取りをリポートした記事を、全部で10回のシリーズで書いたことがあります。そこに、国の規制のある意味での実態と言いますか内情が現れています。

10年9月21日が第一回で、10月5日が最終回(10回)です。ワタシと国交省の役人との会話を忠実に反映させたリポートです。お時間が許す時がありましたら、お読みいただければ幸いです。9月21日から10月5日までの間には、他の記事も入っていますが、それらは全部スルーして下さい。

押し付けがましいことで恐縮ですが、役人の実態の一端に触れていただきたくて、厚かましいお願いをいたします。

>じゅんさん

国土交通省とのやり取り、拝読しました。

口八丁手八丁の役人相手に言い負かされずやり取り出来るなんて、マジで尊敬しますね。
私のような"ひと山なんぼ"の人間は、論点のすり替えさえ気付かず言い負かされるんでしょうね。

此度の「食品衛生法」の規制も、つっ込みどころもあるんでしょうが、私たち末端消費者はどうしようもありません。いいように手のひらの中を転がされるのみですね、もどかしいですけど・・・。

片山さつき氏のように声をあげてくれる人がいればなぁという思いですね。
しかしその片山さつき氏に対する論調、おかしくありませんか? 報道局自体がもうおかしくなってるとしか思えません。
この問題こそ、"天網恢恢疎にして漏らさず"じゃないでしょうか・・・・・。

トラックバック

まとめtyaiました【7月から牛レバ刺し禁止だと・・・】

牛レバ刺しってウマいよな~♪そんな牛レバ刺しが7月から食べられなくなりそうだ。厚生労働省が生の牛レバーの提供を7月1日から禁止する方針を固めやがった。「食品衛生法」の規格基準に、生での提供を禁止する項目を盛り込んで、提供する店には十分加熱するよう義務化、?...

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。