辛いの克服大作戦!敵の次鋒「ガリ」

グルメ
06 /15 2012

最近、俺は鮨が好きでよく食べに行く。一人20,000円の店にもスシローにも行く。

銀座の一流店も100円均一の回転寿司屋も括りは"スシ"という。なんか違和感あるよなぁ、この括り・・・。

まぁそれはいいとして、先日こちらも手酷い傷を負いながらもなんとか撃破した敵の先鋒"牛丼屋の紅生姜"に引き続き、新たに襲いかかってきたのが敵の次鋒「ガリ」だ。まだ先の戦いで受けた傷も癒えていないというのに、この敵は厳しいぞ。頑張れ!俺!!www





120605_2055~01

闘いの火蓋が切って落とされたのは20,000円の鮨屋じゃなくて回転寿司屋。そしてこいつが今回の相手「ガリ」だ。どうだい?この威圧感のある面構えは!見ているだけで汗が滲むじゃねえかwww

今までの過酷な闘いの中で見つけたコツ、『ビビらず一気にガッツリ食え!』を実践して正々堂々と闘った結果、何とか「ガリ」を下すことに成功した。こちらも無傷とはいかず、新たな手酷い傷を負ってしまったが、名誉の負傷といえるだろう。この後は穏やかに過ごし、傷が癒えるのを待つとしよう。次なる闘いに備えて・・・。

次の敵もそう易々と勝たせちゃくれないだろうが、目指す頂はまだまだ手の届かない遥か彼方。この闘いが血となり肉となり、いつか"やつ"を倒せることを信じて・・・。頑張れ!俺!!www

To be continued...










【ガリの豆知識】

寿司には欠かせない付け合わせ。魚の臭みを消してくれる効果がある。

生姜には殺菌効果があり食中毒を防ぐ効果がある。また、寿司ネタの生魚は身体を冷やすが、生姜に含まれる辛味成分「ジンゲロール」は健胃・発汗作用があり、身体を温める効果がある。←この効果が俺の敵www

食感がガリガリする事から、また生姜を薄く削る時にガリガリ・・と音がするところからこの名がついた。この呼び名は寿司屋の"符牒"なので、本来は客が使うべきではない呼び名だが、それも今は昔、現在は普通の名詞として一般的に使っている。ま、客側が『お愛想してくれ』と言うのと同じ現象だなwww





コメント

非公開コメント

届かん

乱 駆郎様

こりゃ・・・・・ダメだ!

到底、とても、まず、絶対、徹底的に、遥かに・・・・・・・

届かん・・・・・・

敵のお城の城壁に立ち向かおうと、完全と覚悟を定め、決意が全身から程走り出ている兵士

いざ、いざ、・・・・と大音声で時の声を発しようとしたその瞬間

夜露に濡れた足元の「草」に足と獲られて「ドーーーー!!」っと倒れてしまった。

乱様

これはじゅんさんに笑われても仕方ありませんよ(笑)
先日の紅しょうがはしょうがに梅干しのつけ汁でつけるだけ、ガリは穀物の酢でつけるだけですよ、おそらく生のしょうがのほうが辛い!?
日頃、もっと辛いものを食べてるはずだと…
しかし、このネタは非常に面白いです!!次、何にチャレンジするか楽しみです!!

>じゅんさん

亀の歩みのように鈍いですが、少しずつ少しずつ着実に前に進んでいますよwww
平気な人から見れば茶番ですが、本人はいたって真剣ですwww

それはそう、身体が酒を受け付けない人が無理やり合コンで一気飲みをするが如く。
それはそう、蕎麦アレルギーの人がざるそばの"かさね"を食べるが如く。

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなりー

関係ないっすけどwww

>Mさん

酢!
秘密にしてたんですが・・・、実は酢でも汗がかけるんですwww
もひとつ言うと・・・、柑橘類でもかけるんですwwwwww

多分、一種のアレルギーなんじゃないかと思うんですが、歳とってから酷くなってきましたね。
受診を勧められたりもするんですが、どうしたもんですかねー?www

こんな私ですから敵には事欠きませんので、このシリーズ、当分安泰ですわwww

トラックバック

まとめtyaiました【辛いの克服大作戦!敵の次鋒「ガリ」】

最近、俺は鮨が好きでよく食べに行く。一人20,000円の店にもスシローにも行く。銀座の一流店も100円均一の回転寿司屋も括りは

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。