禁断の赤!「一天張」の担々麺

グルメ
06 /19 2012
120602_1150~01

何の気の迷いか、辛いのダメダメな俺が禁断の赤いイメージのお店「一天張」さんへ足を踏み入れてきたwww

もちろん初見参です。

こちらは坦々麺の専門店で、松山三越の裏手にあります。近くには「博多一風堂」さんや「代官町なが坂」さんが軒を連ねる繁華街ですので、場所柄"夜"がメインのお店ってことになるのかな。

此度は100円パーキングにクルマを停めて昼に行ってきました。そして俺の天敵、赤い色した坦々麺を見てきましたよ。





120602_1146~01

お店に入ると、めちゃくちゃエアコンが効いていました。暑がりの俺でさえ寒く感じるほどの効き具合! けどこのありがたさは俺にはよく分かる。ええ、分かりますとも♪ それから氷がたっぷり入ってキンキンに冷えてる大きめの冷水ポット。このふたつの配慮は俺にとったらまさに天の助けで、『坦々麺を克服するのはこのお店しかない。ここで克服しよう』と思ったのでした。





120602_1151~01

そんな決意もよそに(笑)、此度注文したのはこの「冷やしつけ麺(730円)」です。なんと!赤くも辛くもないメニューがあるんですよwww

俺もそれなりに辛いの食べる覚悟をして来たんだけど、赤くも辛くもないメニューがあったんだから仕方がないよね~♪
ホッとしたわwww





120602_1150~02


120602_1151~02


120602_1151~03


120602_1151~04

この冷やしつけ麺は自家製のゴマペーストを鶏と魚介のダブルスープで割ったつけダレでいただくつけ麺スタイルの冷麺とのこと。お好みでマイルドな白と辛口の赤を選べるようになっています。もちろん俺は白ですわなwww

実食してみると、ゴマの風味豊かな柔かい口当たりのお味でした。粘り気の強いつけダレと相性の良い中太麺がほどよくつけダレを纏って口の中へスルスル入ってきます。コクも十分感じる事ができてとても美味しい。ゆがいたキャベツの食感も歯に気持ち良くいいアクセントになってますね。

食べ進めた後半、徐に温泉玉子を投入するんだけど、これがまた風味をガラリと変えてくれて美味しい。まろやかな味と食感が最後まで飽きを来させない工夫になっています。

俺はなかんずくゴマ風味は好きじゃないんだけど、これは素直に美味しく感じましたね。後から追いかけてくるコクがそう感じさせるのかもしれません。とにかく完成度の高い一杯だと思いました。





冒頭に出てきた赤い汁あり坦々麺は相方が頼んだもので俺の注文ではないので悪しからずwww

しかし、今後のことを踏まえてちょっと食べさせてもらったんだけど、これがまたイメージが変わったんですよね。ただ単にヘッタラ辛いのかと思いきや、もの凄くコクがあるのに気がつかされました。辛さの向こう側にあるクリーミーな味わいを感じたんですよね。そしてそれをもっと味わいたくなってきました。こんな感覚になれただけで来た甲斐があるってもんです。

今度来る時は自分の注文として赤い坦々麺を頼みたいと思います。この"今度"は意外と近い予感♪










120602_1139~01

【一天張】
愛媛県松山市二番町3丁目8-2
TEL 089-934-5333
営業時間 : 11:30~02:00
年中無休










一天張担々麺 / 大街道駅県庁前駅市役所前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

非公開コメント

次々と

乱 駆郎様
次々と苦手な分野に挑戦されていますね^^いやーー、とっても結構!
しかも、挑戦の緒戦に近い時期に「一天張」さんとは、驚きです。このチャレンジ精神の発露は、乱さんの食における世界を大きく広げますよ、請け負います。
選んだのが、「冷やしつけ麺」ということですので、先ずは無難な選択でしたね。そして、その感想も、脂汗を流して・・・という風にはならず、お味も好評だったようで何よりです。

今度は、ぜひぜひ本来の坦々麺である”汁なしタンタン麺”の白などにチャレンジ下さい。坦々麺の辛さは、カプサイシンの辛さとは違いますからいけるはずです。

でも、まあ、寿司のガリに苦労されるくらいだから、保証の限りではありませんが。

>じゅんさん

私の辛いの苦手加減は尋常じゃありませんので、汁なしへ行けるのはまだ先になりそうですねwww
その前に汁ありの赤いのを撃破したいと思います。スープの辛さの向こう側のクリーミーな味わい、こいつが頭から離れないんですよね。
辛いものが苦手な私の台詞じゃなさそうですが(笑)、今夏中には海水パンツをはいて大きなバスタオルを首にかけてアイスノンを用意して行ってまいりますwww

今までは厭々克服しようとしていましたが、今は"興味"があるんですよね。
ちったぁ成長したってことでしょうかねwww

トラックバック

まとめtyaiました【禁断の赤!「一天張」の担々麺】

何の気の迷いか、辛いのダメダメな俺が禁断の赤いイメージのお店「一天張」さんへ足を踏み入れてきたwwwもちろん初見参です。こちらは坦々麺の専門店で、松山三越の裏手にあります。近くには「博多一風堂」さんや「代官町なが坂」さんが軒を連ねる繁華街ですので、場所柄

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。