「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」

グルメ
07 /25 2012

揚げた鶏もも肉をトッピングしてる独創的な"鳥そば"で有名な「闘牛」さんへ行ってきた。

このお店の評価は高く、もれなく俺も美味しいと思う。

今回もその"鳥そば"を食べようと思ったんだが、ブログの大先輩であるじゅんさんをして"正統派東京ラーメン"と言わしめる"醤油ラーメン"とチャーハンのセットにしてみた。





120629_1412~01

こちらがその醤油ラーメン。何の奇も衒ってない、まさしく正統派というに相応しいフォルム。ちゃんと醤油の存在感を感じさせるスープで、醤油の角も立ち過ぎてない俺好みの味だな。麺は若干柔らかめだが、このラーメンにはこのほうが合うと思う。by硬め好きの俺www





120629_1412~02

そしてこちらがチャーハン。此処「闘牛」さんは有名店だけにたくさんのフードブロガーさんが取り上げておられ、このチャーハンもパラパラ感があり美味しいと評判だったが、俺が食べた時はもち米で作ってるのか?ってくらい粘り気があって今一つだと思ってしまったが・・・、最近になって変わったのかなぁ?味付けに関してはちょっと控えめでラーメンの相棒としては合ってると思ったね。





総じて、此処「闘牛」さんの料理はたくさんの方々の評価と同じく俺も美味しいと思うのだが、接客接遇に関しては如何なものか?と思うことがあった。他の飲食店では"必ず"聞こえてくる"アノ声"が聞えないのだ。これはちょっと前に行った時も感じたことだけど、今回再訪してみてそれは"たまたま"ではなかったことを確信した。

もっとも、これは俺だけなのかもしれないが・・・。よくあるんだよなこういうこと。放置プレイとかもよくされるしwww

この辺りの、料理とは違う部分もソツなくしっかりしているお店が本当の"名店"だと思う。お店の流行りというものも、実は料理のウマいマズイ以外のところ、例えば今回取り上げた接客接遇面や、お店の設えとか清潔感などなど、いろいろな要素をトータルしたところで『今日は何処で食べようか?』というセレクトがされていると思うね。そこの部分にも少しは着目しないと、マニュアル通りで味気ない接客と言われながらもソツのない大型店やフランチャイズに取って喰われるんじゃないかと心配になる。

でもまあ、俺如きがそんな心配しないでも長きに渡って営まれておられる訳だからタダの杞憂かなwww

もう俺は行かないけど・・・・・










120629_1408~01

【闘牛】
愛媛県松山市久万ノ台125-4
TEL089-926-3532
営業時間:(平日)11:00〜15:00/(日曜日)11:00〜15:00/17:30〜20:00
定休日:木曜日










コメント

非公開コメント

No title

うーむ。
自分のブログにも書いたことがあるのですが、たしかに闘牛さんは昔からちょっと無愛想ですよね。
広いお店になって、さらにそのことが白日の下にさらされたというのか…。

一生懸命つくっておられることがラーメンから伝わってくるようなお店なので、私などはこれはこれでいいのかなと思いましたが。お勘定の時に、小さな声で「ありがとうございます」と言うのが聞こえましたし。

長く商売をされてますからなかなかむつかしいかもしれませんが、少し元気よくしてみようかなと考え直してくれる機会があればいいですね。



なるほど

乱 駆郎様

なるほどね。うん、言われていることは分かります。私はもうかなり前からご夫婦も、お子さんも知っておりますので。

ですから、接客のを言われたら「ごめんなさい」と、すなおにワタシからお詫びしたい。

ずっと以前から今のままです。ワタシは個人的に親しいから、ワタシに対しては笑顔が自然に出るのです。

ところが、何時もあの調子です。次の代がもっと実は心配なのです。

何時か機会があれば言いたいと思っています。それが責任だとも思っていますので。

今回のご意見には全く反論の余地はありません。

美味しいだけのお店と想います。態度悪いですよ!チャーハン?焼き飯?イマイチでした。

>ファットマンさん

ファットマンさんの「闘牛」さんの記事も拝見いたしました。
やはりこのお店との歴史というか、愛着度合いも関係しているんでしょうか。その辺りが私は希薄なのでこんな感想になるんだと思います。
ファットマンさんと同じように、これはこれでいいんだとおっしゃる方がほとんどだとも思います。
私も今は行く気になれないですけど、いつかそれはそれでいいんだと思えるようになったらまたのぞいてみようと思います。

>じゅんさん

此処のラーメンは美味しいと知っている常連さんや通の方々は、"このラーメンが食べたい"と、このお店を訪れるんでしょうけど、初見参の方々や私のように来慣れてない客はどうしても料理以外に目がいくことがあると思うんです。
こんな理由で客足を止めてしまうのは、せっかく美味しいラーメンがいっぱいあるのに勿体ないと思いますので、ファットマンさんもおっしゃっておられるように一生懸命作っておられることが伝わってくるからこそ敢えて苦言を呈させていただきました。
これが逆にどうでもいい店ならどうでもいい事なので何にも言いませんけど。

とにかく、
どんな理由があるにせよ、特に客商売は挨拶に始まり、挨拶で終わらなければいけないと思います。
(これは自分への戒めでもあります。)

なんか・・・、じゅんさんまでもがお詫びとかおっしゃるし、この記事は書かない方が良かったのかな(^^;

>ひろさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

確かに、ここのラーメンは鳥そばをはじめとしてみんな美味しいですね。
もう少し接客をちゃんとされたら、かなりの良店になると思いますので頑張ってほしいものです。

『闘牛』まだ行けてないんですが、

ほほぅ、未訪問の私としては今回の記事、そして寄せられたコメント共に
とても参考になりました。
おかげ様で“アノ声は聞けないんだ”と思って臨む事が出来ます。
でも、うーん、最低限欲しい声ですよねぇぇ(-_-;)

>ジンゴズンゴさん

ラーメンは間違いなく美味しいホンモノだと思いますよ。
チャーハンに関してはよく解りませんね。みなさんと意見が分かれるところです。

社会生活を送る上で最低限必要な挨拶ってあるじゃないですか。
客商売ならそれが尚の事なのに、それがないってことにスゴク違和感を感じました。

それ以外は味で勝負!の良店といえると思いますので、おっしゃるように予め「そんなもんだ」と知っていたら問題ないかもしれませんね(^^)

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。