「ごはん亭 しんさく」のワンコイン・ちゃんぽん

グルメ
08 /06 2012

ステーキばかり食べてたらお茶漬けが食べたくなるように、冷たいのばっかり食べてたらたまには熱々が食べたくなるものなんだなぁ・・・。ということで、ってどういうことかは置いといてwww、県道伊予松山港線沿いにある「ごはん亭 しんさく」さんへ熱々のちゃんぽんを食べに行ってきた。





120710_1402~01

こちらがその熱々ちゃんぽん490円です。野菜たっぷりのちゃんぽんがワンコインで食べられるのはありがたいですねぇ。ちなみに大盛りにすると100円アップの590円となります。

このスープの色を見ただけで分かると思いますが、その見た目のまんま"かなり"辛いちゃんぽんです。しっかりと塩分が摂れますので、この"クソ"がつく位の暑さの中、炎天下で仕事されている方などにはうってつけの一杯となるでしょう。

ラーメン系の食べ物はよく塩分の摂り過ぎになると注意喚起されていますが、真夏に大汗かく人にとったら、案外カラダに良い食品なのかもしれませんね。





120710_1402~02

具材はごらんのとおり野菜たっぷりです。ワンコイン以下のちゃんぽんですが、ちゃんと海老ちゃんの姿も確認できますのでお値段的には豪華な一杯といえますね。





120710_1403~01

そしてちゃんぽん用の中太麺もほどよくスープを纏って口に滑り込んできます。しかしながら、やはり辛いことは間違いないので、汗をかかない方はお気をつけください。

この道沿いは、ブログの大先輩じゅんさんによると"通称トラック街道"と呼ばれ物流を担う方々や近隣の工場や倉庫が多く、そこへお勤めの方々の食堂の役目を担って来られたお店とのこと。そうした客層を考えると、このどちらかといえば辛いちゃんぽんもまさに「ちょうどええ♪」お味なんでしょうね。そのお店のある場所柄からも、何となくお店の味が垣間見れるもんなんだなぁと思いました。










120710_1352~01

【ごはん亭 しんさく】
愛媛県松山市南吉田町951-8
TEL 089-973-5963
営業時間 : 11:00~21:00
年中無休










ごはん亭 しんさく定食・食堂 / 余戸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメント

非公開コメント

場所から味が生まれる。

食文化ってやっぱその地域性を色濃く反映するんですよね。
当然至極なコトなんだけど、クチコミ始める前はあまり考えたコトがありませんでした。
いや、中華とか和食とかイタリアンとか、そういうマクロな範囲でなら理解してましたけど
松山の中にある地域性までは考えが及ばんかったです。
学生街には安くてボリュームのある店が集まるよねーって、その程度でした(^_^;)

突然暴露しちゃいますけど(笑)、じゅんさんから蕎麦の本を頂きました。
蕎麦も地域性や場所柄や時代背景を受けてその姿を変えていったという話に
マジで驚きました。蕎麦よ、オマエもかーーー!?みたいなww

食べ物って奥が深いなァ…

で、乱さんは何を頂いたんですか?
気になって気になって夜もグッスリですww

おおおお

乱 駆郎様
この酷暑の中、しかも大汗かきの乱さんがよく「しんさく」さんの熱々チャンポンに挑まれましたね。
先ずはその勇気に拍手を送ります。

でも、汗ビッショリになりながらも、「ああ野菜の養分が体の隅々まで、今、染み込んでいっている!」そう実感するのも悪くはないですね。

真夏の炎天下でも屋外で作業されている方は多いのですから。ワタシのように暑い時間帯は涼しい場所に避難、などというヤワな生活している者にとっては、額に汗して働かれる方の顔をまともには見ることができません。

そういう人たちが、お昼の一時間足らずの間に、「しんさく」さんで栄養と塩分と涼気を体に補給する。大切な大切な基地なんですね。

>ジンゴズンゴさん

産業道路沿いには濃い味、オフィス街には薄味というように場所柄で味の濃淡って実際にあるんでしょうね。食べ物のカテゴライズの難しさの根っこを垣間見た思いです。

あの時じゅんさんからいただいたのは蕎麦の本だったんですか!
いいなぁ♥
私はじゅんさんのブログを拝見されている方なら分かると思いますが、あのDVDをいただきました。
もちろんスグに拝聴したんですが軽はずみにコメントも出来ず、感想は今度のOFF会ででも・・、なんて思ってる次第です(^^;

>じゅんさん

まさに適材適所って感じのお店なんですね。
たしかに、炎天下で汗水たらして仕事してる方と、エアコン効いた部屋で震えながら事務してる人が同じ食事ってのは理に適わないですもんね。

真夏に熱々の麺ってのも乙なものと知りました。
これが坦々麺などの辛い麺に繋がって来るでしょうか?www
昔山口百恵と三浦友和で一世を風靡したあの"赤いシリーズ"じゃないですが、私の"赤いシリーズ"もそう遠くない未来かもしれませんwww
乞うご期待!・・・・・はしないでイイです(爆)

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。