「冷たいスープチャイナパスタ」は何料理?

グルメ
09 /10 2012

もう夏も通り過ぎようかというこの時期に、冷たい麺類の記事を書くのも忍びないがwww、書かないと夏が終わらないような気もするのでしたためることにする。

まあ、冬に冷たい麺シリーズを掲載するよりはマシってことでご勘弁をwww





120720_1348~01

これは7月半ばに食べに行った北条「カザハヤラーメン」さんの"冷たいスープチャイナパスタ 合鴨チャーシュー入り"ってやつだ。お値段は780円。

聞き慣れない"チャイナパスタ"ってなんだ?

と、手書きの看板を見てみると、『ラーメンとスパゲティーの小麦粉を独自でブレンドした新食感の麺です。野菜たっぷり!!女性におすすめ』と書いてある。

イタめしと中華の融合した新しい感覚の麺ということらしい。看板に"女性におすすめ"と書いてはいたが、看板よりも先にじゅんさんにも勧められていたので、俺は男性だが迷うことなく注文したよwww





120720_1349~01

俺は相変わらず西洋料理が苦手ではあるが、パスタの名店「フォンターナ」さんのおかげで、かなり克服できてきているのだ。ことパスタに至っては、苦手を通り越して好きになってるくらいなので、このチャイナパスタとやらも恐るに足らないだろうwww

ってことでこの"冷たいスープチャイナパスタ 合鴨チャーシュー入り"を食べてみたら・・・、

めっちゃウマい!

新しい味には違いないんだけど何処か懐かしいというか何というか、とにかく夢中で食べてしまう魔性の味だな。何言ってるか自分でもよく分からないがwww、ようは舌が一発で覚えてしまう味と食感ってやつね。





120720_1348~03

イタリアと中華が融合したというチャイナパスタも去ることながら、この絶妙な塩加減が素晴らしい。コクのある塩ラーメンのスープをオイリーにした、少し粘度のあるスープが麺にたっぷりと絡みついてくる。なのに不思議とくどくなく嫌なベタつき感もないので口の中が快感でいっぱいになる。





120720_1348~02

そして絶妙の塩加減の立役者は何と言ってもこの合鴨チャーシューだね。これは正直美味しかった。この合鴨自体の塩気と降りかかっている粉チーズとの相性もよく、こいつが西洋っぽさを上手く演出していて存在感抜群だったね。もしこの合鴨が焼豚だったら、この皿の中の調和が崩れるんだろうと想像がつくくらい明確に、この料理には合鴨です!

じゅんさんが喉掘って絶賛したこのチャイナパスタ。それは間違いなく"傑作・快作"だった。










120720_1347~01

【北条 自家製麺 カザハヤ ラーメン】
愛媛県松山市河野中須賀241-11(旧196号線沿い)
TEL 089-993-3422
営業時間 :11:00~15:00 / 17:00~23:00
※麺が無くなり次第閉店
定休日 : 火曜日










コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

優れた描写力

乱駆郎 様

久しく見ないうちに、描写力上がりましたねーーーー!

うーーん、ジンゴズンゴさんの「どん」さんのエロい描写力には腰を抜かしてしまったけど。

乱さんのこの記事は、思わず立ち上がって、直立不動の姿勢で、よくぞここまで的確にポントを掴まれ、それを過不足なく表現されました!っと、最敬礼しました。

とにかく、あの個性ある麺とスープと合鴨のトリオの見事さが言い尽くされてます。

いやーー、雌伏の時を経て、巨龍がむっくりと起き上がりました。ご立派後立派!!!

>じゅんさん

いやぁ、そんなに褒められると小っ恥ずかしいですわ(^^;

もうずいぶん前に食べに行った時のことなので、ちょっとピントがずれてるかなと思ったりしたんですが、じゅんさんのコメント読ませていただいて安心しました♪

しかし・・・、少しばかり褒め過ぎですよ~www
こんなに褒められたら、豚と一緒に木に登っちゃいますよマジで!

でも、ありがとうございます♥

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。