白い出汁氷! 「さんわ」の冷やしラーメン

グルメ
09 /12 2012

朝夕はずいぶん過ごしやすくなってきたねぇ。だんだん秋が近付いてきますな♪

と書いてみたけど、昨日は 『9月も半ばだというのに、まだまだ暑いっすねぇ(^^;』 なんて書いてるしwww

今の時期は日によって時候の挨拶がコロコロ変わるってのがまさに季節感なんだろうね。





120823_1358~01

ってことで季節感はチョイと置いといてwww、「伯方の塩ラーメン さんわ」さんの"冷やしラーメン"を食べてきた。

この冷やしラーメン、"牛もつ入り 冷やし塩ラーメン"と、"貝入り海ラーメン"という2種類があり、どちらもお値段730円となっている。俺は"牛もつ入り 冷やし塩ラーメン"のほうを選択。

メニューの写真を見ると、デフォルトで天敵キムチが乗っかっていたので、ソッコー『抜きで!』とお願いしたのは言うまでもない。

トッピングはどちらかといえば冷やし中華寄りだね。錦糸卵にトマト、青ネギにキュウリにレタスに刻んだワカメちゃん、そしてメインの牛もつがたっぷりと。

このもつの量や見た目は、ホルモン好きには堪らないと思うが、苦手な人にはちと厳しいビジュアルかなぁ。俺的には元々もつ好きだから問題ないんだけどね、好き嫌いがはっきりと分かれそうだな・・・。





120823_1358~02

麺は極細のストレート麺で、伯方の塩スープを十二分に身に纏ってスルスル入ってくるので喉越しは非常に気持ち良いね。この冷たいラーメンによく合ってると思う。





120823_1401~01

そして、どんぶりの奥底に大きな図体して隠れていたのがこの"出汁氷"だ。この氷が色白なのは、このラーメンが塩ラーメンだからに他ならない。この、融けてもスープが薄まらない手法は他のお店でもお見受けするが、今後冷たいラーメンが市民権を得ることがあれば主流になるんじゃないかと思うくらいナイス・アイデアだね!

この「伯方の塩ラーメン さんわ」さんの"冷やし塩ラーメン"、見た目は好みの分かれるところだが、味についてはちゃんと「さんわ」さんの味なのでご安心を♪










120823_1353~01

【さんわ松山中央店】
愛媛県松山市中央2-23-2
TEL090-9774-5686
営業時間:11:00〜14:00
定休日:不定休










コメント

非公開コメント

まだまだあるんですね

乱 駆郎様
そうですかー、まだまだあるんですねー、「冷たいラーメン」が。

うーーん、当初イメージしていたのとは比較にならないくらい次から次へと。

ひと夏を、一つのテーマに絞って食べ歩き彷徨ったのは初めてですね。

で、実はまだワタシも「冷麺」アップ予定が2軒も残っていた。捨て去ることも考えましたが、せっかく原稿まで仕上がっているので、恥を忍んでアップすることに。

こういうには、時期を逸すると重荷になるんですねー!

No title

うーむ。
さんわさんにも冷たいラーメンがあるんですねえ。
しかも出汁氷入りとは。近い将来、複数の有名ラーメン店で出汁氷開発者争いが勃発するかもしれませんね。
「元祖出汁氷」とか「本家出汁氷」とか。

それともつ入りはインパクト大ですね。
乱駆郎さんやじゅんさんのブログで知った冷やしラーメンを食べ歩いてみて、やはり一番違和感があるとしたらチャーシューかなと思いました。やはり冷たいと脂分が浮いてしまいがちですしね。
蒸し鶏とかハムにするのが無難かなとも思いますが、プロのラーメン屋さんとしてはあまり安易に妥協したくないかもしれないですね。特にあったかいラーメンと同じビジュアルにしようと拘るならなおさらですよね。
もつは逆療法というかショック療法というか、非常に興味深いです。
私はもつは平気(みかさのラーメンも好きです)なので、ぜひ一度ためしてみたいです。

>じゅんさん

ここの冷たいラーメンの情報は「タウン情報まつやま」という情報誌からです。
食べに行ったのは8月でした。

確かに、時期を逸した季節感のある記事は重荷になりますねwww
私もまだまだ残っているんですよ~(汗
今も他のレビューをすっ飛ばして掲載している状況です。

私も急ぎ掲載しなければ・・・!www

>ファットマンさん

冷たいラーメンを出したお店は明らかに昨年より今年のほうが多かったですね。
だんだん市民権を得てきたのかな、冷やし好きの私にすれば嬉しい限りです♪
来年はさらに増えてるといいなぁ♥

さんわさんの冷やしラーメンは塩ベースですから、スープのすっきりさを強調するために脂分の存在をどうにかするってのが課題なんでしょうね。
その答えが"もつ"および"貝"だったんではないでしょうか。

その課題はクリアされたと思いますが、今度はビジュアル(見た目)という課題が!www
好きな人はもちろん大丈夫でしょうが、女性や苦手な人にはちょっと厳しいかもですね。色合いといい形状といい、ある種グロテスクでもありますからねぇ。
まあ気になったのはそこだけです。味はとてもイイ感じでしたよ♪

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。