播州の頑固一徹なラーメン屋 「一徹らーめん」

グルメ
10 /16 2012
120819_1249~01

食べログなどのグルメサイトで常に上位の評価を受けている「一徹らーめん」さんへ行ってきた。

といっても此処は兵庫県姫路市。所用で出向いた真夏の8月当時のお話し。

この一徹らーめんは、自家栽培の無農薬野菜を使った"野菜らーめん"が有名のようだ。その自家栽培の無農薬野菜に対するこだわりようは、土台となる土作りから手を入れ、水においては兵庫県と岡山県、鳥取県にまたがる氷ノ山(ひょうのせん)まで毎週汲みに行くほどのこだわりをみせている。

そのため営業するのは週に4日だけ。月曜火曜水曜は定休日となっている。人気店で千客万来なお店ならば、1日でも多く店を開けたほうが収益も増えるのに、このお店はそんな妥協はしないらしい。

まさに頑固一徹という呼び名にふさわしいお店である。





120819_1231~01

此度、食したのは「極上一徹 塩らーめん」。このラーメン、お値段は950円と高いがそれもその筈、見るからに旨味が詰まってそうなこのスープは青森シャモロックと秋田比内地鶏を使っているとのこと。聞くだけで美味そうだが、実際に食べたら唸ります。





120819_1231~02

このトッピングされた鶏肉も手で裂いたような自然体で、その形状ゆえ肉の繊維の奥底にまでスープの旨味が浸み渡っていてスゴい。青森シャモロックと秋田比内地鶏の旨味と一徹特製の塩ダレが絶妙のハーモニーを奏でている。深みのある旨味なんだけど決してくどくなく繊細とでもいおうか、とにかくこの旨味は一言では言い表せないな。





120819_1232~01

麺は中太麺を採用していて、極上スープをほどよく纏ってスルスル喉を通過してとても心地良い。このラーメンは太麺でも細麺でもないな。採用している中太麺がちょうどエエのは素人の俺でも判るねwww





120819_1233~01

そしてトッピングにはもちろん自家栽培の無農薬野菜をふんだんに取り入れている。星型のキュウリの話を楽しそうに説明してくれたりと、やはり野菜には一家言お持ちのようだった。

そしてアットホームな空気の店内は、決して広いとは言えないけど居心地も良かった。総じて、こだわり抜いた料理もさることながら対応や居心地の良さも相まって、グルメサイトやランキングサイトで上位に評されるのがよぉく解かるお店だった。機会があれば一度は是非食べてもらいたい一杯である。

俺は・・・、また食べに行くのは言わずもがな・・・だぜ!www










120819_1249~02

【一徹らーめん】
兵庫県姫路市北平野町1-8-11
TEL 079-282-0208
営業時間 : 11:30~14:00 / 17:30~22:00
定休日 : 月曜日・火曜日・水曜日










一徹らーめんラーメン / 野里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

非公開コメント

ほーーー

乱 駆郎様
ほーーー、ため息が漏れますね、このラーメン。

間違いなく美味しそう、朝から涎が出て出て・・・。

鶏肉を手で裂いて、スープを奥まで染み渡らせる。うーーん、完全に脱帽ですね。こんなの今まで見たことない。

麺の求道者ですねーー、まさに。

尊敬しちゃいます。

No title

これはすごいですね。
超人気店とのことですが、大行列にはならないんでしょうか。
自家栽培とかブランド地鶏とか、見せかけのパフォーマンスならすぐに喝破してしまう乱駆郎さんが、これほど激賞するとは。一度食べてみたいものです。
姫路のラーメン屋さんに行ける機会があるのかないのか、見当もつきませんが、記憶にとどめておきたいお店ですね。

>じゅんさん

多分、ここの大将はラーメンのことしか頭にないんだろうと思います。
妥協することなく自分の味を頑なに守りながら、さらに新しい何かを探している向上性も持ち合わせてらっしゃる。じゅんさんのおっしゃるように、まさに麺の求道者なのかもしれません。

そんな大将ですが決して偉ぶらず、一見さんにも愛想よく接しておられ、いつもニコニコ満面の笑顔なんですよ。そんな立ち振る舞いも人気のある理由のひとつでしょうね。

>ファットマンさん

開店前からみなさん並んで待ってますし、お昼過ぎに行くとまず待たなきゃなりません。
大行列になるかどうかは判りませんが、スグに座る事は困難なお店であることだけは確かですね。
松山で言えば、「長浜一番」のような感じでしょうかwww

本当に真摯にラーメンに取り組まれていて、自信に裏付けされた笑顔も素敵な大将が引っ張っているお店ですから、美味しいに決まっていますよね(^^)
何処ぞの威張り散らかす大将がいるお店とは違いますね、明らかに。

縁がなければ行く事のない遠方にあるラーメン屋さんですが、もし縁があって姫路に行かれることがあれば是非食べて欲しいラーメンです。


乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。