LE CLUB

グルメ
10 /17 2012

ここのマスターは、デビューした若かりし頃(今も若いがw)からずっと見てきたので"客"としてよく知ってる。昔からお酒に真摯に取り組む、研究と勉強に熱心な真面目な男だった。

そしてこの「LE CLUB」というBARが産声を上げた頃からずっと見てきた(利用してきた)のでこれもよく知ってる。当時は別のビルに在って、エレベーターの扉が開いたらそこはフロアの中という斬新な設えだったなぁ。

当時から都会のセンス溢れる小洒落たBARだったので、よくデートの待ち合わせなどで使わせてもらったものだ。・・・・・と、少しばかりウソをついてしまったが、上質の空間・時間を提供してくれるBARだったのはウソじゃないぜwww

そして、このBARが今や押しも押されぬ松山の代表格のようなBARに躍進したのは、ひとえにマスターの"人間力"によるところが非常に大きいと思う。誠実で謙虚なその人間性がこのBARの格をワンランク上に引上げ、上質な空感作りに一役買っているのは間違いないだろう。

最近行ってみた時もそれは何ら変わっていなかったので「LE CLUB」の栄華はまだまだ続くと思うね。

いつまでも初心を忘れず幾星霜。今も変わらず驕らず高ぶらず・・・。そんな店が流行らない訳がない。










120723_2318~01

【ル・クラブ (LE CLUB)】
愛媛県松山市二番町1-9-20キーホールビルB1F
TEL 089-931-1995
営業時間 : 19:00~ 3:00
年中無休(不定休)










ル・クラブバー / 勝山町駅大街道駅警察署前駅

夜総合点★★★★ 4.0

コメント

非公開コメント

へーーー

乱駆郎様
ヘーーー、乱さん、この手のお店の横文字は抵抗ないようですねーーー!!!

しかも、カタカナではなく、アルファベット表記ですよ。

これが抵抗なく受け入れ可能なら、『西洋料理』のそれだって、ヘッチャラでしょー。

ウフフフ・・・・・・・・。

ヘッチャラだとお認めになってはいかがでしょう?

もうボチボチ潮時と言うもの。

ワタシが時折書いている「歴史モノ」を受け入れてとは、ただの一度も言ったことがないでしょう。

せめて『西洋料理』くらいは・・・・・・・

No title

私もこのお店、大好きですv-238
お酒の種類も豊富で、大好きなシングルモルトウイスキーを
ゆっくりと飲み干しながら、大人の時間を味わったりなんかしてます(笑)
ちょいと、1ランク上のBarですね。

>じゅんさん

あいや(^^;
痛いところをついてきますね~www

パソコン用語やクルマの名前、それにこのBARような飲み屋さんはスッと頭に入るんですよね。
特におねえちゃんのいる店だったらソッコー覚えて向こう3年は忘れませんwww

なのに、なんでか西洋料理屋さんは苦手なんですよね・・。きっと脳に覚える気がないんでしょうねwww
でもいずれ料理そのものに興味が出てきたら自然と覚えると思いますので、今しばらくご勘弁を^^;

>おっさんさん

いつぞやの「口に出してはいけないShot Bar」の時もコメントいただきましたが、Barの趣味はおっさんさんと合いますね~♥
いつか、何処かのBarでバッタリ!ってのを楽しみにしております♪



No title

こりゃまた、お値段もワンランク上といった感じのお店ですね。
しかし乱駆郎さんが推薦される以上、その値打ちのあるお店なんでしょうね。
一度行ってみたいですね、怖いもの見たさというか。

>ファットマンさん

確かに、お酒そのものの値段で言えば高いかもしれませんが、値段だけの価値をきっちりと付加してくれますので満足度も高いと思います。

男一人、渋くグラスをかたむけるのも格好いいですが、やはりこの手のお店は妙齢のご婦人を伴って行くのがよろしいかと存じますwww

ファットマンさんも是非♥


乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。