うどん県で讃岐うどんを食べてきた 「わら家」

グルメ
11 /30 2012
120917_1246~02


120917_1226~02

所要で頻繁に出向く兵庫県の帰りに、香川県高松市で高速を降りて屋島の袂、四国村にある"ざいごうどん"の「本家わら家」さんへ行ってきた時のお話。

初見参は二十歳の頃だから、かれこれ30年ぶりだな。懐かしいっちゅうか、もう覚えてないやwww

この"ざいごうどん"ってのは、在郷(ざいごう)がなまった言葉で田舎・郷里って意味らしい。讃岐の"いなかうどん"ってことなんだね。ちなみにこの"ざいごうどん"って言葉はここ「わら家」さんの登録商標とのこと。

ここは観光スポットに位置していることもあるが、とても趣のある佇まいと設えで観光客にはうってつけのお店だろうな。地元の方々も足繁く通うお店なのかなぁ・・。どうなんですかね、ファットマンさん?





120917_1237~01


120917_1228~01


120917_1237~02

聞けば、ここ「わら家」さんは釜揚げうどんが有名とのことだが、この時はまだまだ暑かったこともあり俺は冷やしぶっかけうどんにしたよ。お値段は490円也(ちなみに大盛は720円!)

香川県のセルフのお店に比べたら当然高いんだろうけど、うどんの高い愛媛県からしたら高くは感じない。むしろ、風情のある空間で食することができるので安く感じたな。

うどんに関しては(も)、そんなに多く語れるようなものはないけど、素人の俺にでも"コシ"と"ツヤ"がスゴいのは判る。かてて加えてお出汁と薬味も力強く調和がとれていて、さすが"うどん県"の讃岐うどんといったところ。





120917_1232~01

この大きな一升徳利に入ったお出汁を、まるで熱燗のように湯煎して出してくれるのも良い演出で、観光客にとったら嬉しい限りだよな。

そんな、うどんの味に留まらず、お店の佇まいや設えが醸す雰囲気も素晴らしく十分な満足感を与えてくれる・・・、此処は本場香川県を代表するうどんの名店のひとつに間違いない。










120917_1246~01

【わら家】
香川県高松市屋島中町91
TEL 087-843-3115
営業時間 : [3月~11月] 10:00~19:00 / [12月~2月] 10:00~18:30
[土・日・祝・年末年始] 9:00~19:00
年中無休










わら家うどん / 琴電屋島駅古高松駅屋島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

非公開コメント

No title

私は釜揚げより一度水で締めた普通のうどんの方が好きなのですが、ここではグズグズ言わずに釜揚げを頼みます。
とても美味しいですよね。コシのあるツヤツヤしたうどん。
それに生姜やネギといった薬味がなんか丁寧な感じで美味しいですよね、さすが乱駆郎さん。

「恐るべきさぬきうどん」以降、僻地にある製麺所型のうどん屋さんが人気ですが、やっぱりこういう王道のうどん屋さんもはずせませんよね。
讃岐人どもも、他県から友人とかが来たら「屋島」→「わら家」はテッパンコースなんじゃないでしょうか。

夏場取材が生きていた

乱 駆郎様
そうですか、夏場のストックを持ち出して記事にまとめる余裕が出てきましたか。
次第にリズム取り戻しつつあるようで、何よりです。そして、年内に間に合ったことも、ウフー、良かった^^

このお店、私も一度だけ「うどん行脚」した時に行きました。だからあの一升徳利が懐かしいー。
味は忘れてしまったけど、悪い印象ではなかったですね。

それと舞台がいいよね、屋島での民家しつらえ。うどんを啜るのには勿体無いような、ありがたいような。

今年くらい「冷たいうどん」と「冷たいラーメン」に奔走したことはなかったですねー。それも乱さんの提案のお陰。
いい経験させてもらいました。

今日と明日は「歴史」ものだけど、痕跡位は残してもらえたら、チョーーーー嬉しい・・・。(脅迫?)

>ファットマンさん

そっかー♪讃岐の方々も何方かを案内する時は「屋島」→「わら家」はテッパンなんですね(^^)
伊予人どもが「道後温泉本館」→「としだ(今はなき)」をテッパンコースにしてたのと似てるのかなwww

おっしゃるような、TVなどでよく見かける製麺所の前で食べたりするのとはまるで正反対にあるようなお店ですが、なるほどこれが王道ですよね。たしかに圧倒的な存在感のあるお店でした。

両極のうどん屋さんが大活躍!
香川県は「うどん県」と名乗られるだけはありますね、さすがです(^^)



>じゅんさん

おはようございます。

この「わら家」さん、自分が食べに行くというより誰かを連れて行くって位置付けの、ある種なくてはならない強烈なraison d'etreを持ったお店のようです。(ファットマンさんの受け売りwww)

実際、味もさることながら佇まいと設えが醸し出すその雰囲気はまさに『向かうところ敵なし!』です。



じゅんさんの歴史もの、知識も造作もありませんのでコメンをよう書きませんが、とりあえず目は通させていただいていますよ。←半分言い訳ですがwww
此度の長宗我部のお話も目を通させていただきました。←ななめですがwww
私の幼少時代の友人に長宗我部姓のやつが居ましたが、元親の子孫かどうかは知りませんwww

・・・などというこんなコメント、記事にはよう付けませんのでこちらでコメントしておきますwww



乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。