使い方次第では優秀!「蕎麦屋敷 ほうの花」

グルメ
12 /06 2012

ジャスコ(イオン)松山店の西隣り、立花通りにある「蕎麦屋敷 ほうの花」さんへ行ってきた。

ここは松山でファミリーレストランを展開している「モミの木」さんグループのうちの一店である。私の記憶が確かならば、この「モミの木」さんの前身の喫茶店が、全国で初めて珈琲にトースト&ゆで卵を付けた"モーニング"というものを世に出した立役者だったと思う。違ってたらスミマセン。





121006_1945~01


121006_1941~01

さてこのお店、「蕎麦屋敷」という割にはお蕎麦がメインという印象が薄い。どちらかというと懐石料理に力を入れているように思う。実際、ホームページを拝見すると「花カゴ御膳(1,050円)」というのが一番人気で、以下2位も3位も御膳モノが占めてたりする。

でもそれはこの店においては大正解だろう。というのも、この「ほうの花」さんの蕎麦には力強さがないからだ。というか、存在感さえ希薄な感じがするのは決して気のせいではないと思う。決して不味いという訳ではないんだけど「蕎麦屋敷」と名乗るほど主力になってないということかな。

なので、「蕎麦屋敷」というから違和感があるけども、それを度外視すれば大人数を収容できる店舗に広い駐車場、お店の設えも趣があって好感が持てるので、使い方次第では非常に使い勝手の良い優秀なお店になる。

実際、此度は30人ほどで利用させてもらった。しかも、食事の前に「会議会場」として使わせていただいたのでとても助かった。その節はありがとうございました。

このように、会食前に会議を催したい場面はビジネスシーンにおいては結構あると思うので、この使い方を快諾いただける此処「ほうの花」さんはビジネスユースで"さらに"優秀なお店となる。

此処はちゃんと raison d'etre のある優秀なお店なのだ。










hounohana.jpg

【ほうの花】
愛媛県松山市朝生田町1-1-8
TEL 089-941-1588
営業時間 : 11:00~15:00 / 17:00~21:00
年中無休










ほうの花割烹・小料理 / いよ立花駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

コメント

非公開コメント

お店の使い方

乱 駆郎様
そうか、この手のお店って、そういう使い方があるんですね。

確かに広いし、メニューもそれなりに揃っている。蕎麦屋とはとても呼べないけど、取り急ぎ食事をする、会議に使う。
趣味の会などの寄り合いの様に、お酒重視ではない会合なら手ごろですよね。

何時も一人で食べ歩いているので、そういう用途があると捉えたことがなかった。

先日もあるお客さんにこのお店でおごってもらったけど、取材の対象とはついぞ考えなかった。

考えてみれば、お昼の食事だけに限ってブログを書いているということ自体が、偏ってはいますね。

乱さんの慣らし運転用にも使えたのだから、存在意義は大きい!

>じゅんさん

業務使用、ビジネスユースでお店を考えると、なかなか手ごろなお店を見つけることは大変です。
しかも大人数の場合はなおのことです。
その点この「ほうの花」さんは立地場所も店内の広さも申し分ないですし、食事前の会議室的な利用も気持ちよく受けてくれます。

この使い方で、今後もお世話になると思います。
そうなると、この御膳っていうのはかなりイケてる料理になるんですよね。見栄えがいいから♪
ただし・・・、お蕎麦はちょっと残念ですね。『御免あ蕎麦(そば)せ!』って具合でwww



No title

亡くなってなお人気が高くなった感のある坂村真民さんは、朴の木ないしは朴の花が大変お好きで、晩年に真民さんのお話を後援者の人たちがうかがう「朴の会」というイベントが行われていました。
モミの木グループの経営者さんも真民ファンと聞いたことがあります。
この記事を読んで、一度くらいはこのお店で「朴の会」が開かれたこともあるのかなと思った次第です。
お店とあまり関係のない書き込みですみません。

>ファットマンさん

花が仏であり

仏が花である

そのことを知らせにきた

朴の花



ですね。モミの木グループの経営者さん(たしか加藤さんでしたか)が真民氏のファンだったからこその「ほうの花」という店名なんですね。なるほどです。

何かしら思い入れのある店名っていいですね。この「ほうの花」しかり、「ホヤケン」しかりwww



乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。