ジャンボいなりと中華そば「若竹食堂」

グルメ
02 /12 2013

伊予鉄横河原線を走るボーギーの終点・横河原駅にある「若竹食堂」さんに行ってきた。

ここは、横河原駅を降りてスグにあるビジネスホテル若竹の1階にある食堂で、この界隈で知る人ぞ知る名物の"ジャンボいなり"で有名なお店なのだが、君は知っていたかね明智君。





KC3O0070.jpg


KC3O0071.jpg

これがそのジャンボいなり。お値段は1個190円也。

この値段を聞いて、『いなり寿司1個で190円は高かろげー!』とおっしゃる方もいると思うが、いえいえそんな事はございません。これを実際目の当たりにしたら納得していただけるだろう。どのくらいジャンボなのかは実際に手にしてご自分の目で確かめてほしい。マジで笑いが出るくらい大きいから、期待していいっスよwww

で、このジャンボいなり、そんなウケ狙いだけの奇を衒った代物ではないのだ。ちゃんと美味しい・・・というか、普通のいなり寿司よりも美味しいと思うね。柚子の風味づけをしているのでとても爽やかな香りが漂い食欲を駆りたてる。とても秀逸ないなり寿司だと思う。





KC3O0072.jpg


KC3O0074.jpg

そしてもうひとつの名物はやはり食堂の定番・中華そば。お値段は500円という食堂系中華そばとしてスタンダードな設定。先のジャンボいなりと併せても690円と非常にお求めやすいお手頃価格なので、行かれた折はセットでの注文推奨。このセットはけっこう腹に堪えまっせ大将!www

この中華そばも、昔ながらの・・・というのがピッタリのノスタルジックな中華そばの"ひとつ"だね。松山市内のベースが甘い系の中華そばとはちょっと方向性が違う、甘さ控えめで、若干しょうゆの角の立ったタイプ。具材の濃いめに味付けされたメンマと豚肉がよく馴染んでバランスの良いアクセントになってて、食べ慣れてないとしても十分"アリ"な中華そばですな(^^)

この「若竹食堂」さん。駅に降り立つとスグに目に入る若竹色の大きな看板とともに、この街に大きな存在感でもって溶け込んでいる「町の食堂」の良店である。










KC3O0069.jpg

【若竹食堂】
愛媛県東温市横河原189
TEL 089-964-6038
営業時間 : 11:00〜15:00
定休日 : 日曜日









若竹食堂定食・食堂 / 横河原駅愛大医学部南口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

コメント

非公開コメント

普通の稲荷と並べてみた

乱 駆郎様
このジャンボ稲荷寿司と、コンビニで売っている稲荷寿司を並べて写真を写してアップしましたから、そのデカサはよく知っています。そして味もいいんですよね。
私は、ブログを始める前から時々このジャンボ稲荷を1個買って、重信川の河原で食べたものです、石鎚山を眺めながら。至福の一時でした。
そして中華そば、さり気無い美味しさとでもいいますか。そばを作るお姉さんの無愛想さも相変わらずですが、憎めません。

>じゅんさん

ここのジャンボいなりなら、小食の方ならば1個で十分昼めしに成り得ますよねwww
このお店は、このジャンボいなりと中華そばの組み合わせがテッパンのように思います。

何処の食堂でも感じますが、食堂系の中華そば侮るなかれ!ですね。

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。