郊外型焼鳥屋の名店「炭火焼鳥吉平」

グルメ
04 /02 2013

国道33号線とはなみずき通りを結ぶ、まあまあ新しめの道が松山市立石井小学校の北に出来ているが、そこに「炭火焼鳥 吉平」さんという焼き鳥屋さんがある。

郊外という、"お酒"を絡めると不利な立地であるにもかかわらず、結構な集客力を持ったお店のようだ。広めの店内がいつも賑わっている。営業時間も深夜3:00までというロングランなのも深夜族(そんな族いるのか?www)にはありがたいお店なのではなかろうか。

メニューは料理もお酒の種類もかなり豊富だし、お味の方も間違いない本格派。こんな店が近くにあるなんて、この辺りの住人さん方が羨ましいなぁ。うちの近所にも出来ないかなぁwww





KC3O0109.jpg

ここ吉平さんの"つくね"はイケるね。タレももちろんイイけど、俺らの年になったら塩がいい。





KC3O0110.jpg

"ささみ"のワサビ添え。ツンツン心地よい刺激があってビールが進むわ~♪





KC3O0111.jpg

焼き鳥の王道"ネギマ"。焼き鳥屋さんへ行ったらまあ大概は頼むよねぇ。ここ吉平さんのも真っ当なネギマです。





KC3O0112.jpg

これも忘れちゃいけねえ"とり皮"! パリッとしてて香ばしくてウマい!!





KC3O0113.jpg

この"出汁巻"もなかなかだ。この甘さが箸休めにもなっていい感じ♪





KC3O0108b.jpg

野菜も摂らなきゃねぇ。お肉ばっかり食べてると大腸ガンになり易いって聞いたよwww 博多風のウマたれをかけたタイプのお野菜。やっぱ焼き鳥にはキャベツでしょ!





KC3O0115.jpg

そして俺的特筆すべき一品がこの"うずら串"だ。もとよりうずらには目がないのだが、ここ吉平さんのうずらは見事な半熟なんだよね。口に含んで噛むと、とろ~りと黄身が溢れてくるのだ。うずらの半熟って俺は食べたことなかったからちょっと感動したよ。





KC3O0116c.jpg
KC3O0116d.jpg

最後は〆のラーメン。もちろん鶏ガラベースのスッキリ&アッサリのラーメンで〆に最適なお味である。この浮かんでいるタマゴは鶉のタマゴ。なかなか可愛くていい演出だよね。

"お酒"の絡む郊外型のお店の弱点のひとつに"ハシゴ"がしづらいって事があると思うが、ここ吉平さんは〆のメニューも充実しててなかなかいいと思うね。

総じて、料理も美味しいし種類も多いし、いろいろ使い勝手のよさそうなお店なので、こんな郊外に在ってもいつも繁盛しているのがよく分かる。ここ吉平さんは、間違いなく郊外型焼き鳥屋さんの良店のひとつだ。

うん。また来よう♪










KC3O0116.jpg

【炭火焼鳥 吉平】
愛媛県松山市東石井6-11-12
TEL : 089-905-2998
営業時間 : 18:00~ 3:00
年中無休










炭火焼鳥 吉平焼き鳥 / 福音寺駅いよ立花駅北久米駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

コメント

非公開コメント

すごい!

乱駆郎様
おーーー、食欲全開って感じですね!仕事が一段落したら、途端に食欲がドット出てきた。それでモリモリ出てきて、飲みかつ食った!

すると、またまた明日への活力が体の奥底からフツフツと沸いてくる。

これが、仕事やり頃のベストサイクルでしょう。乱さんはその周期に入ったのかな?
いいことですよ!!

>じゅんさん

食欲全開ってところまではまだまだ遠いですね~www

純けいを25本くらい一瞬でペロリと行かなきゃ全開とは言えませんwww

これはまだ三分程度という感じです。
ここの焼鳥は本格派で美味しいですが、夜しかやってないのでじゅんさんには時間的に敷居が高いのが残念からげます。

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。