一草庵 改め 「本手打ちうどん 白川」

グルメ
04 /30 2013

国道56号線沿い、出会い橋を松前方面に下った先にある「本手打ちうどん 白川」さんへ行ってきた。

ご存知の方も多いと思うがここは以前、「一草庵」といううどん屋さんだったんだよね。それが今は「白川」と屋号を替えて営業されている。なんでも、本州に同じ「一草庵」という屋号の麺処があり、そのお店から『その屋号は商標登録しているので使わないで欲しい。』と言われやむなく屋号を改められたとのこと。まあ仕方がないね。

そんな理由での名称変更なので、当然店内の設えや料理の内容はほぼ以前と同じである。





KC3O0285.jpg

今回注文したのはこの「冷やしたぬき」で、お値段は600円。ご覧のように味のよく沁みてそうなシイタケと天かすがトッピングされている。そこへ薬味のネギとショウガを乗せ徐に出汁をぶっかける! という、これからの季節に合う、涼しげな出で立ちですな。





KC3O0286.jpg

このうどんはなんとも艶めかしいツヤと柔らかい肌を持っていて、一言でいうと・・・色気むんむんのエロいうどんってやつかなwww

この麺の食感は、讃岐うどんのぴちぴちギャルのようなコシではなく、また松山うどんのムチムチ熟女のようなモッチリさでもない。言うなれば・・・、その両方を持ち合わせたちょうど中間のような位置付けの食感だ。俺はこの妙齢のご婦人のような麺は好きだなぁ。ホンモノの妙齢のご婦人も好きだけどwww

この艶めかしい喉越しに、天かすが心地よいアクセントになってていい感じだし、味のよく"しゅんだ"しいたけも何ともいい味を出してるね。

結構気に入ったので、この夏またこの「ひや~いうどん」食べに来るだろな♪





ただし・・・・・、今回食べた"冷やしたぬき"か"ざる"に限る。





というのが、こちらのメニューはちと値段が高いのだ。

KC3O0363.jpg

もちろん、素材も吟味され、ちゃんと拘りを持った料理でそれぞれ適正価格なんだろうけど、俺にとったら"うどん"が900円超えるってのはちょっとありえないんだよね。なので、"冷やしたぬき"か"ざる"が限界ですwww

盛りについては、普通盛りでも多いくらいの十分な量があるので、余程の大食漢じゃなかったら普通盛りでイケると思う。

ということで、盛り増しやサイドメニューに気を取られたらスグに1,000円オーバーという、なかなか油断ならない値段設定だけど、うどん自体はとても美味しいと思うので、行かれる折はお財布とよぉく相談して暖簾を潜られることをおススメするよ明智君。





参考までに、

KC3O0364.jpg

冷やしかき揚げ(900円) 特大かき揚げはけっこう存在感がある。確かに特大www





KC3O0366.jpg

冷やし五目(900円) 冷やしたぬきに"わかめ"と"あげ"を加えて300円UP・・・。










KC3O0287.jpg

【本手打ちうどん 白川】
愛媛県伊予郡松前町昌農内41-5
TEL 089-985-2499
営業時間 : 11:30~14:30 / 17:30~20:00(OS)
定休日 : 不定休










本手打ちうどん 白川うどん / 岡田駅古泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

コメント

非公開コメント

なるほど、商標登録ってやつは面倒ですね。
ググってみたところ、おそらく山梨県のお店?のようですが
愛媛の片田舎だから影響もないと思うのに、そうもいかないんですね。

それよりも、色気むんむんエロうどん…なる表現イイですね(笑)
ちょっとご無沙汰なので久々にイッてみたいと思います♪

ほほーー

乱 駆郎様
知りませんでした。一草庵さんが白川に。でも店名の変更だけで安心しました。私も好きなうどん屋さんなので。

妙に讃岐に媚びない麺が好きです。官能的(乱さん流に言えばエロイ)麺はいいですよねーー。妙齢なご婦人を髣髴とさせる、全く同感です。今回の記事の中で一番好きな描写は、味が「しゅんだ」しいたけ。
うーーーん、これ以上にあのお店の煮られたしいたけを表現する言葉はないでしょう。完全に脱帽です!

偶然ですが、明日は私も官能的(ジンちゃんの表現ではセクシー)なうどんをアップします。お二人の表現力をお借りしたかった。

そうですか。
一草庵さん店名が変わってたんですね、全然知りませんでした。

あまりにも値段が高いので、メニューの写真を見てもちょっとムカっとしたりしますが(笑)。
たしかにざる、冷やしたぬきまではそこそこのお値段なんですね。
あまり頑固親父みたいなことを言わずに、久しぶりに私もそのエロスうどんをいただきに行ってみたいと思います。
なにせ自転車ですぐ行ける距離なもんで。

>きくりんさん

本州と四国、お互い干渉しそうにないんですけど、やはり商売となると厳しいものなんでしょうね。

これと似たような話で、松山に気に入っていた手羽先専門店があったんですが、この店名が名古屋の超有名店と同じ屋号だったので変更を余儀なくされたことがありました。このお店はのちに潰れちゃいました(T_T)

同じ屋号でもまったく違う商売の場合はそんなに目くじらも立てないんでしょうけど、まったく同じ手羽先屋だったので仕方がないですね。

最後のくだり、サイコーですね~www
センスが光っています。私もタダのオヤジギャグから脱却して、きくりんさんのようなエスプリ漂うギャグをかませるように頑張ります!www

このうどん、かなりエロいですから、イキ過ぎには十分ご注意下さい♥www

>じゅんさん

ホントに味わい深いシイタケでした。ギュンギュンに味がしゅんでましたよwww

このうどんは、喉越しというよりも唇が気持ちいいですね。いわゆる口当たりがいいってことでしょうか。
このうどんを啜ってみて、官能的なツヤとテリっていう言葉が少し理解できたような気がします。

最近うどん屋さんへ行くことが増えてきまして、若い娘と妙齢の婦人と熟女の違いくらいは分かるようになってきましたよ。今日は"若い娘"を食べたい気分ですわwww

>ファットマンさん

妖艶・・・とまではいかないものの、色気のある艶やかなうどんでした。
このようなエロい表現が似合う麺というのは [ラーメン 蕎麦 うどん] の中で"うどん"だけですね。
今度はどんなエロエロなうどんに出会うか、今から楽しみですwww

ファットマンさんが以前書かれておられたのと同じく、私も初めてメニューを見た時は『高い!』と思いました。こういう言い方はうどんに失礼かもしれませんが、うどんで900円ってのはウソですよね。
でも純粋にエロうどんを楽しむなら冷やしたぬき or ざるで充分ですから、それならアリってことで今夏また行くと思います。

ファットマンさんもお近くならなおの事、ぜひ改めて食べに行ってみて下さいね(^^)

乱 駆郎

( らん くろう )

昭和30年代生まれ。

取り敢えず、中小企業の経営者。

普通のおっさんの独り言を書き連ねて行きたいと思います。